PR

PowerCLIを使った仮想化の自動運用

2011年2月24日(木)
志茂 吉建

第4回は仮想化環境の自動運用を実現するソリューションのひとつ、VMware vSphere PowerCLIをご紹介します。

VMware vSphere PowerCLIの概要

VMware vSphere PowerCLIは、PowerShellを利用してVMware vSphere ESXを管理するツールです。vCenterから行うことのできるオペレーションのほとんどをスクリプトとして記述することができるため、新規仮想マシンの追加、設定変更、削除、テンプレートを使った仮想マシンの展開、パフォーマンスデータの取得などの自動実行が可能です。

詳しくは、本サイトの「VMwareの現在 第4回 vSphere APIを活用する」に記載されていますので参考にしてください。

PowerShellとは

PowerShellは、マイクロソフトが開発したコマンドラインインターフェースおよびスクリプト言語で、RubyやPythonなどと同様オブジェクト指向に基づいて設計されています。Windows XP、Windows Vistaにも対応しており、Windows 7には最初からインストールされています。Windows XPなどで実行するには、.NET Framework 2.0が必要です。

vSphere PowerCLIインストール

vSphere PowerCLI バージョン4.0Update1は、Windows 2003 Server SP2、Windows Vista、Windows XP2上で動作がサポートされています。vSphere PowerCLIを利用するには、事前にPowerShell 1.0のインストールが必要ですので、こちらのページ(KB926140)をご覧ください。
vSphere PowerCLIのインストールについては、前出の「VMwareの現在 第4回 vSphere APIを活用する」をご覧ください。なお、PowerCLIを利用するにはvCenterとの接続が必須です。

VMware vSphere PowerCLIの使い方

PowerCLIの実行

PowerCLIをインストールすると、デスクトップとスタートメニューに「VMware vSphere PowerCLI」というショートカットが作成されます。起動すると通常のコマンドプロンプトと同じような画面が表示されます。セキュリティの関係でうまく動作しない場合は、管理者権限で実行してみてください。

図1:vSphere powerCLIの起動

図1:vSphere powerCLIの起動(クリックで拡大)

vCenterへの接続

vSphere Client同様にPowerCLIもvCenterに接続してからオペレーションを実施します。接続は以下のとおりです。

Connect-VIServer -User [ユーザ名] -Password [パスワード] [vCenterのIPアドレス]

認証キーを設定していない場合は認証エラーなどが表示される場合がありますが、テスト環境であれば無視しても問題ありません。なお、ユーザー権限によっては仮想マシンの停止や再起動なども行うことができるので、本番環境でオペレーションを実施する場合は注意してください。

これでvCenterに接続されたので、いろいろなオペレーションを実行することができます。

図2:vCenterへの接続

図2:vCenterへの接続(クリックで拡大)
株式会社未来科学応用研究所

1996年にシーティーシー・テクノロジー株式会社に入社。プラットフォーム、ストレージ、ミドルウェア関連のサポートやプロフェッショナルサービスに従事。2007年下半期から、VMware仮想化関連のサービス開発やコンサルティングなどを担当。2011年に仮想化関連書籍などを共同執筆。2013年4月から株式会社未来科学応用研究所を設立し、仮想化/OSSコンサルタントとして活動中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています