PR

モバイルからクラウドまで丸ごとセキュアに

2012年4月5日(木)
小川 直樹(おがわ なおき)

おさらい~THE NEW NETWORKにおけるセキュリティ

さて、まだ書き足りないような気がしていますが、そろそろ”まとめ”に入らなければなりません。

今回は、2大トレンドである「モバイル」と「クラウド」をセキュリティの観点から見てきました。実はこの視点は、筆者が所属するジュニパーネットワークスで提唱している「THE NEW NETWORK」におけるセキュリティを意味します。本連載の中で触れたことの全てを示すことは出来ておりませんが、前回掲載した図版に、各ポイントでのソリューションや技術を入れ込んだものを使って“おさらい”してみたいと思います。

まずは「クラウド」のインフラ、データセンターです。多数の仮想サーバーがありますので、サーバー間のトラフィックのセキュリティを考慮する際には、仮想サーバーに特化したツールの検討が「クラウド対応セキュリティ」には必要でしょう。仮想サーバーの利便性を損なわないセキュリティです。複数のデータセンターをまたがる「クラウド」の場合には、データセンター間通信のセキュリティを考慮します。その場合には、VPLSなども有効な技術の1つです。これは仮想サーバーのデータセンター間の移動など、事業継続性確保やディザスタリカバリ用途としても有用でしょう。

そして対向となる「モバイル」や「企業ネットワーク」についてもセットで考えるとよいでしょう。多様化するユーザー環境に対して、「場所」や「端末」だけでなく、「ユーザー」や「アプリケーション」をベースにすることで「ビジネス・モビリティ」に適した一貫性のあるセキュリティが構築出来ます。相互に連携・通信するWebベースの「アプリケーション」を正確に識別していくことで、強固なセキュリティ・ポリシーの策定にもつながります。

今回はほとんど触れておりませんが、「企業ネットワーク」についても規模の差はあれ、データセンターのように多段なスイッチ・レイヤーと多数のセキュリティ・アプライアンスがあります。これはつまり企業ネットワークについても「セキュリティ・サービスの統合」というのは重要なポイントになるということです。

図3:クラウド対応のセキュリティ~モバイルからデータセンターまで(クリックで拡大)

最後に~ジュニパーのソリューション例

では最後にこれまで触れてきましたソリューション/ポイントを実現出来る例としてジュニパーのソリューションをご紹介して終わりにしたいと思います。

『セキュリティ・サービスの統合』については、SRXシリーズ次世代サービスゲートウェイがあります。アプリケーション・レベルでセキュリティの「見える化」を実現する「AppSecure」機能、さらに企業向けラインアップにはUTM機能も搭載可能です。

『仮想環境』の点では、vGWというソフトウェア製品があります。これはハイパーバイザー組み込み型のファイアウォール・ソフトウェアで仮想環境に特化した製品です。アンチ・ウイルス機能の追加や上記SRXと連携・統合して運用することが可能です。

『データセンター間通信』では、最新チップセット搭載のMXシリーズユニバーサル・エッジ・ルーターがあります。規模に応じたラインアップをそろえ、VPLS技術が利用可能です。ちなみにSRXもVPLSを利用可能で『企業ネットワーク』と『データセンター間』をセキュアに結ぶことも可能です。

『モバイル』については、『企業ネットワーク』と一貫性のあるセキュリティを提供するSSL VPNソリューション、MAGシリーズがあります。クライアント・ソフトウェアである「Junos Pulse」を利用出来、これはデスクトップPCからスマートフォンまで多様な端末に対応し、一貫性のあるポリシーとユーザビリティを提供します。このJunos Pulseにはモバイル・マルウェア対策や端末管理(MDM)機能を提供するソフトウェアも別途ご用意しております。日本ではまだ提供準備中ですが。

以上です。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。本連載が「クラウド」や「モバイル」を考える際に少しでも皆さまの参考になれば幸いです。

それでは「クラウド」対応の「ビジネス・モビリティ」を考慮した競争力のあるセキュリティ・システムを構築していきましょう。

著者
小川 直樹(おがわ なおき)
ジュニパーネットワークス株式会社 マーケティング部 ソリューションマーケティングマネージャー

プログラマーから始まり、大手外資系ソフトウェアベンダーにて、ストレージソフトウェアを中心にプリセールス、プロダクトマーケティングを担当。2008年より現職。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています