PR

新しいMicrosoftアカウントを取得する(クエスト2)

2012年11月23日(金)
Think IT編集部

始める前に

大会に参加するにあたっては、新しいMicrosoftアカウントが必要です。このクエストで新しいMicrosoftアカウントを取得して、公式サイトに登録しましょう。

※大会エントリー後、既にアカウントを取得された方は、「2. 公式サイトでサブスクリプションIDを入力する」に進んでください。

1. 新規Microsoftアカウントの取得

Microsoftアカウントのページにアクセスします。

画像をクリックすると拡大表示します

ページの中ほどにある「Microsoftアカウントに登録しよう」をクリックすると、登録画面に進みますので、ここで必要事項を入力して、「同意する」ボタンをクリックします。

ここで登録したメールアドレスMicrosoftアカウントとなります。お持ちのメールアドレスが使えない場合は、「○○@Hotmail.jp」「○○@live.jp」のアドレスを新しく作ることができます。

画像をクリックすると拡大表示します

HTTPSの確認画面が現れるので、ボタンをクリックして次に進みます。

画像をクリックすると拡大表示します

さらにHotmailのログイン時にHTTPSを使うか聞かれますので、必要な項目を選択して「保存」をクリックします。よく分からないようでしたら、「常にHTTPSを使う」方を選択しましょう。

画像をクリックすると拡大表示します

すると、Hotmailのホーム画面に移動します。マウスカーソルを画面右上に持っていくと、アカウントに関連する情報が表示されますので、「アカウント」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

移動した画面で、名前の下に表示されているのが、今回取得したMicrosoftアカウントです。

2. 公式サイトでMicrosoftアカウントを入力する

続けて、公式サイトにこのアカウントを登録しましょう。

大会公式サイトに移動してログインします。

画像をクリックすると拡大表示します

プロフィール編集のページに移動します。

画像をクリックすると拡大表示します

「応募項目」タブをクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

すると、下の方に「Microsoftアカウント」という入力欄があります。

画像をクリックすると拡大表示します

ここに、先ほど控えておいたMicrosoftアカウントを入力して保存したら、このクエストは完了です。

【注意事項】

既にMicrosoftアカウントをお持ちの方も、本大会に参加する場合は必ず新規アカウントを用意してください。

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています