PR

お年玉クエストを終了する

2013年1月14日(月)
浅見 城輝

始める前に

この記事では、インストールマニアックス・ファイナルのお年玉クエストで作成したクラウドサービスを削除します。

手順の流れ

以下の手順でインスタンスを削除します。

  1. Windows Azure管理ポータルへアクセス
  2. クラウドサービスのデプロイ
  3. クラウドサービスを削除

詳細

1. Windows Azure管理ポータルへアクセス

1.1. Windows Azure管理ポータルへアクセスします。
→ Windows Azure 管理ポータル

2. クラウドサービスのデプロイを削除

2.1. インストールマニアックス・ファイナルのお年玉クエスト用に作成したクラウドサービスの行を選択し、画面下の『削除』から『クラウドサービス{クラウドサービス名}の運用環境のデプロイを削除します。』をクリックします。
選択する行の種類は『クラウドサービス』に、状態は『実行中』なっています。

画像をクリックすると拡大表示します

2.2. 確認メッセージが表示されるので『はい (レ)』をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

3. クラウドサービスを削除

3.1. デプロイの削除が完了すると、クラウドサービスの状態が『作成済み』になります。
その状態になったら、再びクラウドサービスの行を選択し、画面下の『削除』をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

3.2. 確認メッセージが表示されるので『はい (レ)』をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

3.3. クラウドサービスの削除が完了すると、その行がなくなります。

インストールマニアックス以外のインスタンスを作成していなければ、すべてのアイテムがなくなります。
画面左側のサービスメニューですべてのサービスが"0"になっていれば、もう課金されることはないでしょう。

画像をクリックすると拡大表示します

以上で、お年玉クエストのクラウドサービスの削除は完了しました。

みなさんはインストールマニアックス・ファイナルをお楽しみいただけましたでしょうか?

今回、Windows Azureの様々な機能を利用してできることの一部を体験し、今後もWindows Azureを使ってみようかという気になっていただけたのなら幸いです。

表彰式はスケジュールの変更があり、2013年3月上旬を予定しています。審査結果の発表後に入賞者の皆様にはご案内を差し上げますので、楽しみにしていてください。

【参考リンク】

株式会社pnop

ネットワーク機器メーカーでの情報システム、DB管理パッケージベンダでのコンサルタント、フリーランスを経て、株式会社pnop(http://www.pnop.co.jp/)代表取締役。
クラウドやデータベースのコンサルティングを中心にWebシステムの構築やWindows 8、KINECT開発なども行う。最近は、Windows AzureでPHPやLinuxなどの非マイクロソフトなテクノロジを利用してサービスを動かすことに喜びを感じる日々。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています