PR

ポップアップメニューから各種コントロールを表示する

2013年2月1日(金)
薬師寺 国安

※全ページからの続きです。

Webカメラのメニューが選択された時の処理

MediaCaptureクラス型の新しいインスタンスである、myMediaCaptureオブジェクトを作成します。
InitializeAsyncメソッドでMediaCaptureを初期化します。
CaptureElementのSourceプロパティに初期化されたMediaCaptureを指定します。
StartPreviewAsyncメソッドでプレビューを開始します。Webカメラが表示されます。
非同期処理で行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加します。Asyncが追加されていると、その処理が非同期で行われることを意味します。

  Private Async Sub ShowWebCamera()
          myMediaCapture=Nothing
          myMediaCapture= New MediaCapture
          CaptureElement1.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Visible
          Await myMediaCapture.InitializeAsync()
          CaptureElement1.Source = myMediaCapture
          Await myMediaCapture.StartPreviewAsync
  End Sub

画像一覧のメニューが選択された時の処理

GridView内を一度クリアしておきます。この処理を行っていないと、GridView内に画像が重複して表示されますので、注意してください。

ピクチャライブラリにアクセスします。GetFilesAsyncメソッドでピクチャライブラリ内のファイルを取得しコレクション変数myPictureFilesに格納します。
ファイル名を格納しているmyPictureFilesコレクション内のファイルを、変数myPhotoFileに格納しながら、反復処理を行います。
BitmapImageクラスの新しいインスタンスbmpオブジェクトを作成し、SetSourceメソッドに、Await myPhotoFile.OpenReadAsyncと指定して、ランダムアクセス用ストリームを開いていきます。

Imageの新しいインスタンスmyImageオブジェクトを作成します。
WidthとHeightを指定し、Sourceプロパティにbmpオブジェクトを指定します。
GridViewにAddメソッドでmyImageオブジェクトを追加していきます。
これで、GridView内に画像の一覧が水平に表示され、水平スクロールが表示されます。

非同期処理で行われるため、メソッドの先頭にAsyncを追加します。Asyncが追加されていると、その処理が非同期で行われることを意味します。

  Private Async Sub ShowImage()
      GridView1.Items.Clear() 
      ScrollViewer1.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Visible
      Dim myFolder As StorageFolder = Windows.Storage.KnownFolders.PicturesLibrary
      myPictureFiles = Await myFolder.GetFilesAsync()
 
      For Each myPhotoFile In myPictureFiles
        Dim bmp As New BitmapImage
        bmp.SetSource(Await myPhotoFile.OpenReadAsync)
        Dim myImage As New Image
        myImage.Width = 320
        myImage.Height = 240
        myImage.Source = bmp
        GridView1.Items.Add(myImage)
      Next
  End Sub

全クリアのメニューが選択された時の処理

CaptureElementを非表示にします。
ScrollViewerを非表示にします。

  Private Sub AllClear()
       CaptureElement1.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed
       ScrollViewer1.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed
  End Sub

今回はこれで終わりです。ありがとうございました。

  • ポップアップメニューから各種コントロールを表示するWindows8アプリ

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています