PR

画像の一覧表示と、ListBoxに表示されたYoutubeの再生を試す

2012年11月5日(月)
薬師寺 国安

今回は2つのサンプルを紹介します。「画像を横一列に表示する」と「ListBoxより選択されたYoutubeを再生する」の2つです。最初は、「画像を横一列に表示する」を紹介します。

画像を一覧表示するフォルダを作る

今回のサンプルではピクチャライブラリ内のageRecordsというサブフォルダ内の画像を、横一列に表示します。

個人的な話で申し訳ないのですが、私はFacebookで「老いの記録」と題して、毎日、自分の写真を投稿しています。この写真を保存しているのが、ピクチャライブラリのageRecordsというフォルダです。皆さんが使う場合は、例えば子どもの成長を記録する写真や、毎日作るお弁当などの写真を保存してみると良いかもしれません。

実際に試す場合は、ピクチャライブラリ内にageRecordsというフォルダを作って、その中に画像を置いてください。またはダウンロードしたソースコード内の、ageRecordsフォルダを別名のフォルダに置き換えて、その中に画像を配置してお試しください。サンプルをダウンロードして実行しただけでは何も表示されませんので、前述の手順に従って画像を配置してからお試しください(図1)。

図1:ピクチャライブラリ内のageRecords内の画像が横一列で表示されている

実際に動かした動画は下記のようになります。Windows Store Applicationの動画を撮るアプリケーションが存在していませんので、スマホでとった動画です。見難い点はご了承願います。

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。

プロジェクトの作成

VS 2012のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]と選択します。次に、「テンプレート」から「Windows ストア」を選択し、右に表示される項目名から「新しいアプリケーション(XAML)」を選択します。「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「Win8_OldRecord」という名前を付けています。

コントロールの配置

ツールボックスからデザイン画面上にScrollViewerコントロールを1個、GridViewコントロールを1個配置しています。GridViewコントロールは、データを水平方向に表示するコントロールです。

ScrollViewerのHorizontalScrollBarVisibilityプロパティにVisibleを指定し、水平スクロールバーを表示するようにしています。GridViewコントロールのFlowDirectionには「LeftToRight」を指定し、左から右に向かって表示されるようにしています。またHeightには520を、Widthに1920と指定します(図2)。このWidthの値は筆者のPCの解像度(1920×1080)から設定しています。

図2:各コントロールをレイアウトした(クリックで拡大)

ピクチャライブラリへのアクセス許可の設定

今回のサンプルは「ピクチャライブラリ」にアクセスするため、ピクチャライブラリへのアクセス許可が必要になります。ソリューションエクスプローラー内にpackage.appxmanifestというファイルがありますので、このファイルをダブルクリックします。「機能」タブをクリックします(図3)。

図3:package.appxmanifestを開き「機能」タブをクリックする(クリックで拡大)

「機能」タブが開いたら、左の「機能:」内にある、「画像ライブラリ」にチェックを付けます(図4)。この作業は重要で、「ドキュメントライブラリ」「マイク」「音楽ライブラリ」「ビデオライブラリ」「Webカメラ」等へのアクセスを必要とする場合は、ここで設定を行います。

図4:「画像ライブラリ」にチェックを付ける(クリックで拡大)
Think IT会員限定特典
  • 画像を横一列に表示するサンプルアプリ

  • ListBoxに表示されたYoutube動画を再生するサンプルアプリ

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています