PR

ミニ四駆のボディを加工して夢のマシンを仕上げよう!

2013年4月16日(火)
藤原 敬弘

回路の搭載

シャーシに回路を搭載するにあたり、シャーシのモーターと電池ケースの凹凸を削ります。

シャーシの出っ張った部分を削る(クリックで拡大)

ニッパーを使い、次のように削っておきます。

シャーシの出っ張りを削ったところ(写真中央付近)(クリックで拡大)

いきなり回路を接着するのは怖いので、セロハンテープで仮止めして位置を確認します。

回路をセロハンテープで仮止めして位置を確認する(クリックで拡大)

左右に制御回路とDC-DCコンバータを仮止めします。

制御回路とDC-DCコンバータを仮止めする(クリックで拡大)

このようにボディがうまくはまるように位置を調整します。

ボディがきちんとはまるかチェックする(クリックで拡大)

この時、気づいたのですが、このままだとFETモジュールを積んだ制御回路のソケットがタイヤにあたってしまいます。そこで、制御信号を装着する側のソケットを立てるように変更しました。

制御回路のソケットを立てて、タイヤに当たらないようにする(クリックで拡大)

また、回路が接触するとまずいので、ビニールテープで各線の接続部分を覆っています。 本来なら、熱収縮チューブを使うのですが、在庫が切れていたため、どこでも手に入るビニールテーブで代用しています。

本止めには両面テープを使用します。これはクッションの入ったタイプのもので、凹凸面があるところでも止めることができます。

本止めに使うクッション入りの両面テープ(クリックで拡大)

各回路の裏側に両面テープを貼り、先ほど調整した位置に回路を載せていきます。完成すると、次のように綺麗に回路が載ります。

ミニ四駆に回路を搭載したところ(クリックで拡大)

DC-DCモジュール側はこのような形で、回路を搭載します。

DC-DCモジュール側から見たところ(クリックで拡大)

制御回路側はこのような形で、回路を搭載します。

制御回路側から見たところ(クリックで拡大)

Arduino Mini Proはモーターの真上に設置します。

Arduino Pro Miniはモーターの真上に配置(クリックで拡大)

そして、ボディからはみ出す形でBluetoothモジュールを接続します。

肉抜きしたフロントの窓からはみ出すように設置したBluetoothモジュール(クリックで拡大)

動作確認

タイヤだけが空転する台を用意して、その上にミニ四駆を乗せます。

動作確認用の台にミニ四駆を乗せたところ(クリックで拡大)

いつもの通り、第5回の記事「Arduinoを始めよう!(3)Bluetooth編」の手順にそって、BluetoothとPCを接続します。あとは、コマンドf / b / sを送ります。

これで動作が確認出来れば、あとは走らせるだけです!

いかがでしたか?ミニ四駆が無事に走った皆さん、おめでとうございます!

うまく走らなかった場合は、第8回の記事「ミニ四駆にArduino Pro Miniを搭載して走らせてみよう!」で紹介したデバッグテクニックを使って、原因を突き止めて下さい。前回まででしっかりと動作確認していれば、ここでつまずくことはほとんどないはずです。それでも動かない場合は、接触不良の可能性が大きいので、テスターで信号線の接続を十分に確認して下さい。

今回の課題と次回予告

[課題] Pythonからシリアル通信を行うための方法を確認しておく

Pythonからシリアル通信を行う方法を調べて下さい。ライブラリを使うと簡単にできるはずです。

Arduinoミニ四駆の制作は今回の記事で終わりです。次回は最終回として、Fuller, Inc.で作製したミニ四駆の解説をしながら、今回作製したArduinoミニ四駆のアイデアを膨らませます。また、PythonからArduinoミニ四駆を制御してみます。次回までに作製したミニ四駆を色々と触って、夢を広げておいて下さい!

【参考リンク】

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています