PR

夢のミニ四駆を作る前に、これまでのミニ四駆について学ぼう

2013年2月4日(月)
藤原 敬弘

はじめに

皆さんはミニ四駆を知っていますか?あまり知らない人はいないと思いますが、ミニ四駆は1980年代からタミヤが発売しているモーター駆動のカーモデルです。

2012年、そのミニ四駆が30周年を迎えました。つまり、今のWeb業界を支えている76世代や86世代のエンジニアにはとても懐かしく、思い入れの深い存在です。そして、この76世代や86世代に支えられ、今再びミニ四駆が注目されつつあります。当時のミニ四駆からさらに進化し、新たに様々なパーツや種類が発売されています。

様々な電子部品を組み込んで「夢のミニ四駆」を作る(クリックで拡大)

この連載では、この進化したミニ四駆を今の技術を使い、子供の頃に出来なかったミニ四駆の制御を実現していきます。

子供の頃の夢の実現

ミニ四駆で遊んでいた世代には、大きく分けて第一世代と第二世代が存在します。

第一世代
『ダッシュ!四駆郎』を見ながら遊んでいた世代。メインのマシンとして、ブーメランJrやエンペラー、スーパーエンペラーをよく利用する。ホイールの径の大きい、大径ホイールとスパイクタイヤが標準装備。
第二世代
『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』を見ながら遊んでいた世代。メインのマシンとして、マグナムやソニック、トライダガーなどのフルカウルミニ四駆をよく利用する。ホイールの径の小さい、小径ホイールが標準装備である点と、ボディがこのホイールを覆う形状が特徴。グレードアップパーツが沢山発売され、GPカップが開催された世代。

『ダッシュ!四駆郎』…1989年10月から1990年にかけてテレビ東京系列で放映。
『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』…1996年1月から1998年12月にかけてテレビ東京系列で放映
(※Wikipediaより)

筆者は両方の世代にまたがってブームを体験しましたが、特に第二世代で盛り上がった『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』では、

  • 「いっけー!マグナム!」
  • 「負けるな!ソニック!」
  • 「マグナムトルネェエエド!」

などと叫ぶとミニ四駆が速くなったり、障害物を避けたり、必殺技を繰り出したりしました。ですが、僕らのミニ四駆に対して、これらのセリフを放っても、決して速くなったり、障害物を避けたり、ましてや必殺技など出すはずもありませんでした。

しかし、大人になった僕らの知識と、現在のテクノロジーを持ってすれば、これらのことは比較的容易に実現できるのではないでしょうか。こんな考えから生まれたのが、FULLER株式会社で作った「KINECTミニ四駆」です。

このKINECTミニ四駆は、TechWave主催の「花Tech 2012」に展示したものです。多くの子供達が僕らのミニ四駆で遊び、大はしゃぎしてくれました。また、ミニ四駆で遊んでくれたお子さんの親御さんから、メッセージも頂きました(FULLERのブログリンク)。

この連載を通し、こんな夢のあるミニ四駆を作ってみましょう。

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事