PR

ミニ四駆の遠隔操作を実現しよう!- Arduino Pro Mini組み立て編

2013年3月29日(金)
藤原 敬弘

今週は今まで使っていたArduino UNOをArduino Pro Miniに置き換えます。また、実際にミニ四駆に載せることを想定し、パーツを作成していきます。

用意するパーツ

今回は以下のパーツを用意してください。

今回はパーツの作成のため、半田ごてと半田も利用します。これらも予め、手元に準備しておいてください。

Arduino Pro Miniの配線

それでは早速、Arduino Pro Miniを配線していきます。配線する箇所は以下の3箇所です。

  • 電源
  • シリアル通信
  • 信号線

それぞれ、数点の箇所を半田付けしていきます。

電源部分の半田付け

まずは、簡単な電源から半田付けします。以下のパーツを用意します。

(左)赤と黒の導線(5cm)(右)ピンヘッダ(クリックで拡大)

用意できたら、導線の両側を5mmほどむき出しにします。そこに、予め軽く半田を流しこんでおきます。

導線の両側をむき出しにする(クリックで拡大)

次に、半田を使って導線とソケットをつなぎ合わせます。

導線とソケットを半田付けする(クリックで拡大)

このパーツが出来たら、Arduino Pro Miniに半田付けします。赤いラインを右のVccに、黒いラインをGNDに繋いでください。上のVccとGNDはシリアル通信用なので注意してください。

さらにArduino Pro Miniに半田付けする(クリックで拡大)

これで、電源部分の半田付けは完了です。

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています