PR
連載 :
  インタビュー

EnterpriseDBのCTOに聞いた、エンタープライズ版PostgreSQLのこれから

2014年8月7日(木)
高橋 正和

EnterpriseDB社は、オープンソースのデータベースソフト「PostgreSQL」をベースにしたエンタープライズ向けの製品やサービスを提供する企業である。Oracle Databaseとの互換性を加えた「Postgres Plus Advanced Server(PPAS)」などが代表的な製品だ。

EnterpriseDB社の日本法人であるエンタープライズDB株式会社は7月17日、カンファレンスイベント「EnterpriseDB Summit Tokyo 2014」を都内で開催した。後援は、エンタープライズ分野でPostgreSQL普及を推進する国内企業などが集まったPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)。

EnterpriseDB Summit Tokyo 2014に、EnterpriseDB社CMOのKeith Alsheimer氏と、同社シニアデータベースアーキテクトでありPostgreSQL開発グループの共同設立者/コアメンバーでもあるBruce Momjian氏が来日した。EnterpriseDB社とPostgreSQLについて、二人へのインタビューでの言葉に、それぞれの基調講演での言葉を合わせて紹介する。

EnterpriseDB社CMOのKeith Alsheimer氏(左)とBruce Momjian氏(右)(クリックで拡大)

なお、Momjian氏はかつて日本の株式会社SRAに勤務していたこともあり、今回は2009年以来の来日だという。

「LinuxにおけるRed Hatのような役割」

「PostgreSQLにおけるEnterpriseDBは、LinuxにおけるRed Hatのような役割です」。——Alsheimer氏はEnterpriseDB社について、このように説明する。

PostgreSQLはオープンソースソフトウェア(OSS)で、使うだけなら無償で利用できる。これはLinuxも同じで、LinuxカーネルはOSSであり、その上で動くシステムソフトウェアも多くがOSSだ。Red Hatは、そのLinuxでエンタープライズ向けに、ハードウェアやソフトウェアの動作認定や、サポート、エンタープライズでの不具合や機能改善などによって、ビジネスとして成功した。

EnterpriseDBも同様に、PostgreSQLをベースに、エンタープライズ向けに機能を追加し、さらにサポートやトレーニング、サービスなどを提供してビジネスしている。

EnterpriseDBが開発した機能のうち、一般に有用な機能については、PostgreSQLに還元して取り込まれている。「PostgreSQL 9.3でのマテリアライズドビューや、9.1での最大64コアまでのスケーラビリティ、8でのHOT(Heap-Only Tuples)などがその例です」とAlsheimer氏は説明する。

同時にEnterpriseDBは、PostgreSQLコミュニティを支援する立場にある。同社では、Momjian氏を含むPostgreSQLコアメンバー2名を始めとして、PostgreSQLの開発者を雇用している。

「Bruce(Momjian氏)たちが大使のような役割となって、EnterpriseDBとPostgreSQLコミュニティを緊密につないでいます」とAlsheimer氏。「コミュニティが開発を主導し、EnterpriseDBがエンタープライズのニーズを吸い上げるという役割で、常に協調関係にあります」。

Momjian氏も、「PostgreSQLはエンジニア視点で作られて発展していますが、エンジニアが評価しきれないエンタープライズの要件もあります。例えば、ツールや互換性、サポート、現場のエンジニア、などで、それは企業が得意な部分です」と説明する。「EnterpriseDBのユーザーの声をコミュニティに反映したり、コミュニティの必要としているものを把握してEnterpriseDBが助けたりと、両者の巨大なリソースを互いにつなげるのも私の役割です。EnterpriseDBの役目は、コミュニティの手が届かない領域にPostgreSQLを拡大していくことにあります」。

「EnterpriseDBの役目は、コミュニティの手が届かない領域にPostgreSQLを拡大していくことにあります」(Momjian氏)

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載記事一覧

開発ツールPR

アプリの差別化を図るにはインフラ監視だけでは不十分。UXを担保するAPMの必要性と手法とは

2017/3/30
開発者主導によるAPM(アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント)の導入が、アプリケーションのUXを左右する。
セキュリティ

ホームネットワーク向けセキュリティをアプライアンスで提供するBitdefender BOXとは

2017/3/16
ルーマニアのBitdefenderは、日本市場において、PCとIoTデバイスを保護するソリューションを家庭向けに投入する。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事