PR
連載: 

ビジネスでオープンソースのさらなる活用を! - オープンソースカンファレンス2013.Enterprise -

2013年12月17日(火)
Think IT編集部

全国各地で開催されているオープンソースコミュニティイベント「オープンソースカンファレンス(以下OSC)」、2013年12月13日、企業におけるオープンソース・ソフトウェア(OSS)の活用にフォーカスしたOSC2013.Enterpriseが東京都渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンターで開催された。
今回は、その会場の様子を紹介しよう。

企業向けにフォーカスした、普段とは少し違った雰囲気のOSC

本イベントは、いつもはオープンソースコミュニティの交流の場として毎年開催されている。昨今、企業システムにおける急速なOSS利用の拡がりを受けて、今回は企業向けにフォーカスし、「.Enterprise」としたのが新しい試みだ。今回の主な来場者は、いわゆる「Tシャツ」じゃなく「スーツ」な人々だ。
そして、講演内容もスポンサー企業の講演がほとんどで、主に企業で利用されているOSSユーザー会などのコミュニティによる講演だった。
ジャンルとしては、クラウド管理ツールのソフトウェアや、データベース、分散ストレージ、システム監視などが大きな割合を占めている。これも企業向けというのを反映しているのだろう。

オープンソースのクラウド管理ツールという点では、OpenStackに関するセッションの多さが際立っていた日本OpenStackユーザー会の講演をはじめ、その他、企業講演を含めて5つがOpenStack関連のセッションだ。各セッションとも参加者が多く、OpenStackに関する関心の強さが見受けられる。
日本OpenStackユーザー会の講演では、先月開催されたOpenStack Summit Hong Kong 2013の報告が行われた。Baiduの子会社で、月間36億PVを誇るオンライン動画サイト「iQIYI」、中国のオンライン旅行予約で1日3100万PVを捌く最大手の「Ctrip」、eBayの子会社で電子メールアカウントと介した電子決済の「PayPal」などの世界的な導入事例も増えており、強い勢いが感じられた。
また、日本IBMの講演では、IBM社内におけるOpenStackベースのクラウドインフラの活用状況や、Linuxが持つ仮想化技術のKVMに対するIBM Powerプロセッサーに向けの実装「PowerKVM」について紹介された。x86アーキテクチャがほとんどのIaaSのインフラに対して、Powerプロセッサーを投入してきたIBMの今後に注目だ。展示会場のブースでもPowerKVMのデモが披露されていた(写真)。

データベースにおいては、従来、一般的なオープンソースDBとして使われているPostgreSQLやMySQLに加え、KVSのBasho Riakや、MySQLから派生したMariaDBの講演などがあった。
当イベント1番手のアシスト社のセッションでは、MariaDBの開発の経緯や、現在の最新状況を紹介された。MariaDBはMySQLの生みの親である Michael "Monthy" Widenius 氏の"Save the People, Save the Product"のメッセージから始まったプロジェクトであり、誰もが利用でき、誰もが開発に参加できるコミュニティ主導のMySQLを作るのが目的だ。MariaDBでは、Active-Active型のMariaDB Galera Clusterや、大規模ウェブサイトのアクセスに強い"スレッドプール"など先進的な機能が利用可能だ。

また、最近ではハードウェアベンダーやシステムインテグレーターに加え、クラウドプロバイダーの企業スポンサーおよびブース出展が多くなって印象を受ける。

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事