PR

glibcの脆弱性「GHOST」、ビッグデータ分析のPachyderm、バルクデータローダー「Embulk」、ほか

2015年1月30日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

筆者の職場では、風邪が流行っていて、ダウンしているメンバーも多いのですが、皆さんの職場ではいかがですか?まだまだ寒暖の差が激しい日々が続くようですので、健康に留意してください。

今週も注目すべきトピックをまとめましたので、ゆっくりとご覧下さい。

glibcの脆弱性「GHOST」、影響範囲を見極め冷静な対処を

この脆弱性自体は、2013年5月に修正されていますが、「セキュリティ上の問題」として認識されていなかったため、さまざまなLinuxディストリビューションに影響が及んでいるため注意が必要です。内容としては、バッファーオーバーフローの脆弱性があり、細工を施したホスト名を受け取るとDoS状態に陥いったり、最悪の場合、リモートからのコード実行が可能になる恐れがあるというものです。
(参照記事:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1501/28/news161.html

「謎のソフトは非搭載」のGNU/Linuxノート「Librem 15」、クラウドファンディング成功

「カーネルやOSはもちろん、いかなるソフトウェアアプリケーションにも謎のソフトウェアが含まれていない世界初のハイエンドノートPC」を開発するというプロジェクトがクラウドファンディングにより、資金獲得をめざしていましたが、目標の25万ドルと超える26万ドルの資金を調達することができました。2015年4月に最初の製品が出荷される計画で、価格は1,500ドル程度になる予定です。
(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35059402

CoreOSとDockerの上でビッグデータ分析の敷居をフロントエンドプログラマ向けに低くするPachyderm

『MapReduceのパワーをHadoopの難しさなしで提供する』をキャッチフレーズとするPachydermは、プログラマがJavaのコードを書いたり、MapReduceについて詳しく知らなくても大量のデータを分析できるオープンソースのツールです。大量のデータを分析したいプログラマがやるべきことは、Dockerのコンテナの中に収まるhttpサーバを実装するだけで、Pachydermがそれを分散化して数ペタバイト以上のデータでも処理できるようにします。
(参照記事:http://jp.techcrunch.com/2015/01/24/20150123pachyderm/

「ソースオープン」から「オープンソース」へ… Go Azure 2015でマイクロソフトが見せた本気

従来のマイクロソフトの取り組みは、単にソースを公開していただけの「ソースオープン」で真の「オープンソース」ではなかったようです。今後は、Githubを使ったソースコードの公開、コミュニティとのオープンな会話、ブログのポストなどさまざまな手段でオープンソースコミュニティや企業との対話を進めていくことになり、いわゆるオープンソースの作法に従って、開発を進めていくことになりそうです。
(参照記事:http://thinkit.co.jp/story/2015/01/23/5552

オープンソースのバルクデータローダー「Embulk」登場。fluentdのバッチ版、トレジャーデータが支援

何ギガバイトもあるCSVをデータベースに転送するようなバッチ処理をするためのツールである「Emnulk」が公開されました。従来はデータ変換をしようとすると、そのたびごとにスクリプトを書くことになり、データの二重ロードやエラー時の処理などさまざまな課題がありました。このツールは、プラグインベースで開発されているため、新しいデータフォーマットやデータソースにも対応しやすくなっています。
(参照記事:http://www.publickey1.jp/blog/15/embulkfluentd.html

◆編集後記◆

今週は、いろいろなセミナーが開催されたので、いくつかを聴講させていただきました。特に「Hadoopエンタープライズソリューションセミナー2015』では、日本人のHadoopコミッタの講演もあり、エンジニアの活躍の場の広がりを感じました。我々も頑張らねば!

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

glibcの脆弱性「GHOST」、ビッグデータ分析のPachyderm、バルクデータローダー「Embulk」、ほか | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。