PR
連載 :
  Windows 10 Tips

メディア作成ツール(Media Creation Tool)とは

2015年9月28日(月)
塩田 紳二(しおだ しんじ)

マイクロソフトが提供するメディア作成ツールは、Windows 10のインストールイメージをダウンロード機能だけでなく、PCのアップグレードも行えるソフトウェアです。このメディア作成ツールを使えば、Windows Updateの準備完了通知を待つことなく、すぐにWindows 10へのアップグレードを開始できます。

メディア作成ツールの機能

メディア作成ツール(Media Creation Tool、以下MCTと略す)とは、マイクロソフトが配布している、Windows 用のインストールメディア作成&インストールツールです(図1)。Windows 8以降で提供されるようになり、Windows 10の無償アップグレードにもこのツールが利用されています(Windowsのバージョンごとに機能が多少異なります)。

このMCTには、以下の3つの機能があります。名称からするとインストールメディアの作成しかできないように思えますが、実際には、このツールで直接PCにインストールされているWindows 7/8を、Windows 10にアップグレードすることもできます。

  • Windows 10のアップグレード(3つのインストールタイプが選択可能)
  • Windows 10インストール用ISOファイルのダウンロードと保存
  • Windows 10インストール用USBメモリの作成(インストールイメージの書き込み)

Windows Updateから、アップグレードの準備完了通知を待つ場合以外は、Windows 7/8からWindows 10へのアップグレードには、このMCTを使います。先にも書きましたが、アップグレード手段の1つは、このツールをダウンロードしたPCのWindowsを、直接アップグレードするやり方です。PCが1台だけなら、これが最も手軽な方法です。しかし、複数のPCをアップグレードする必要がある場合は、個々のPCにおいて、Windows 10のアップグレードイメージをWebサイトからダウンロードすることになってしまいます。2台程度ならそれほど負担になりませんが、数台以上のPCでアップグレードを行う場合は、1回ダウンロードしたイメージからインストール用メディアを作成したほうが、イメージのダウンロードに要する時間を節約できます。また、PCの起動トラブルがあった場合にも、インストールメディアは役に立ちますので、作成しておくことをお勧めします。

メディア作成ツール(MCT)を入手する

MCTは、マイクロソフトのダウンロード用のWebサイトからダウンロードします。URLは以下のとおりです。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

MCTには、32ビット版(MediaCreationTool.exe)と64ビット版(MediaCreationToolx64.exe)の2種類があるので、自分の環境に合ったバージョンを入手してください。どちらの版かわからない場合は、コントロールパネルの「システム」を参照すると、ここに「システムの種類」という表示があり、「32ビットオペレーティングシステム」、「64ビットオペレーティングシステム」の記載があります。PCが搭載するCPUとダウンロードしたMCTのアーキテクチャが一致しない場合、MCTの実行ができず、「アップグレード」が行えません。 MCTは、ダウンロードしたらそのまま起動してください。インストール作業の必要はありません。ただし、何回か作業を繰り返したり、あるいは途中でアップグレード作業を止めたりする可能性もありますので、ダウンロードしたファイルはフォルダーに保存し、WebブラウザーからMCTを直接起動するのは避けたほうがいいでしょう。

インストールメディアの作成

MCTでは、USBメモリを利用したインストールメディアだけでなく、マイクロソフトのサイトからWinodws 10のセットアップおよびアップグレード用ISOイメージ(Windows.iso)をダウンロードできます。MCTにはDVDを作成する機能はありませんが、Windows 7以降ならば、ISOファイルからDVDを作成できます。現時点では、MCTを使わないとISOファイルをダウンロードできないため、DVDなどを作成する場合にもMCTが必須なのです。次に、MCTによるインストールメディアの作成方法を紹介します。

MCTによるインストール手順

まずは、MCTでインストール用USBメモリを作成するか、ISOファイルをダウンロードします。

(1)MCTの起動

USBメモリをインストールメディアとする場合、先にPCに装着しておきます。

(2)インストールメディアの作成を選択する

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して「次へ」ボタンを押します(図2)。

(3)オプションの選択

作成するインストールメディアの「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」を選択します(図3)。

「アーキテクチャ」は32/64ビットのどちらか、または両方が可能です。

ただし、両方を選ぶとファイルサイズが倍になります(およそ6Gバイト)。

(4)作成するメディアの選択

インストールメディアを選ぶ(図4)。

フラッシュメモリの容量は、(3)のアーキテクチャの選択に依存します。

(5)保存先の選択

USBメモリの場合には、ドライブ名を選びます(図5)。

目的のドライブ名が見つからない場合には、「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。

ISOファイルの場合には、保存先を指定します。

(6)インストールイメージのダウンロード

ダウンロードが始まり、メディアが作成されます(図6)。

DVDを作成したい場合には、ISOファイルをダウンロードしたあと、書き込み可能なDVDドライブにブランクメディアを入れて、エクスプローラーからWindowsインストール用のISOファイルを右クリックしてマウントを行い、最後にDVD-Rへの書き込みを行います。

インストールメディアの作成が終了したら、メディアに書き込まれたSETUP.EXEを実行すると、Windows 10へのアップグレード作業が開始されます(注意:インストールメディアから起動してはいけません)。ここでは、細かな手順は省略しますが、エラーが発生しなければ、インストーラーの指示に従っていけば、アップグレードは終了します

インストール中にエラーが発生した場合は、以下のURLを参考にして、エラーに対応することになります。

Windows 10 のアップグレードとインストールに関するエラーのヘルプ
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/upgrade-install-errors-windows-10

エラーへの対処は、原因により様々なので、ここでは扱いませんが、まずは以前紹介した、メーカーやマイクロソフトのサイト情報を参照することをお勧めします。
http://thinkit.co.jp/story/2015/09/14/6358

著者
塩田 紳二(しおだ しんじ)
フリーランスライター
コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています