PR

RHEL 7のインストールメディアを作成するには

2015年12月25日(金)
平 初
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

DVDやUSBメモリーの作成

ここでは、ダウンロードしたインストールイメージを使って、Windows、Mac、Fedoraの環境からインストールDVDを作成する一般的な手順を解説します。

ただし、最近ではDVDドライブを搭載しないサーバーやパソコンが増えてきました。そこでインストールDVDを作ることや、サーバーでDVDからインストールするのが難しいケースもあるかと思います。そのような場合、USBメモリーにRHEL 7のインストールイメージを書き込んでインストールUSBメモリーを作成することもできます。

WindowsでインストールDVDを作成する

1.DVDイメージを選ぶ

  1. DVDイメージのファイルを右クリック
  2. [ディスクイメージの書き込み]をクリック

2.書き込みを実行する

[書き込み]をクリックすると、書き込みが実行される

MacでインストールDVDを作成する

1.DVDイメージを指定する

  1. [ディスクユーティリティ]を起動
  2. ウィンドウ左の一覧にDVDイメージのファイルをドラッグ&ドロップ

2.書き込みを実行する

  1. DVDイメージをクリック
  2. [ディスクを作成]をクリック

LinuxでインストールDVDを作成する

1.DVDイメージを選ぶ

  1. 「brasero」「brasero-nautilus」のパッケージをインストール
  2. DVDイメージのファイルのあるフォルダーを開く
  3. DVDイメージのファイルを右クリック
  4. [書き込む]をクリック

2.書き込みを実行する

  1. 書き込み先を確認
  2. [書き込む]をクリックすると、書き込みが実行される

インストールUSBメモリーを作成する

RHEL 7のDVDイメージをUSBメモリーに書き込むことによって、USBメモリーからインストーラーを起動することもできます。4GB以上のUSBメモリーを用意してください。Linuxで書き込む場合は、RHEL 7のインストールイメージをddコマンドでUSBメモリーに書き込みます。

Windowsで書き込む場合は、インストールUSB作成ツールとして「Fedora LiveUSB Creator」を使うのがよいでしょう。Fedora LiveUSB Creatorをダウンロードしてインストールしたあと、DVDイメージを指定して書き込みます。

LinuxからインストールUSBメモリーを作る

DVDイメージを書き込む

USBメモリーのデバイスが「/dev/sdb」だとした場合、以下のコマンドを入力

[root@localhost]# dd if=rhel-server-7.1-x86_64-dvd.iso of=/dev/sdb bs=1Mz
  • dd if=rhel-server-7.1-x86_64-dvd.iso:DVDイメージのファイル名
  • /dev/sdb:書き込み先のデバイス名

WindowsからインストールUSBメモリーを作る

1.LiveUSB Creatorをダウンロードする

  1. Webブラウザーで以下のURLにアクセスすると、LiveUSB Creatorのサイトが表示される
    https://fedorahosted.org/liveusb-creator/
  2. [Windows]の項のファイル名をクリック

2.インストールを開始する

  1. ダウンロードしたインストーラーを起動
  2. [次へ]をクリック

3.インストール先を指定する

インストール先を尋ねられるが、ここでは特に変更しない。[インストール]をクリックして実行

4.インストールが完了した

[次へ]をクリック

5.LiveUSB Creatorを起動する

  1. チェックマークが付いていることを確認
  2. [完了]をクリック

6.DVDイメージを書き込む

  1. LiveUSB Creatorを起動させ、[Browse]をクリックしてDVDイメージのファイルを選ぶ
  2. USBメモリーが選ばれていることを確認。起動時にUSBメモリーを指していなかった場合は、右の再読み込みをクリックする
  3. [Create Live USB]をクリックすると、書き込みが実行される
できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

平 初 著/できるシリーズ編集部 著
価格:3,000円+税
発売日:2015年6月25日発売
ISBN:978-4-8443-3839-0
発行:インプレス

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

新人のIT管理者向けにビジュアルを使い、RHEL 7の基本操作、サーバー構築について、ハンズオン形式で解説します。Red Hatログインのアカウントを作成し、RHEL 7の評価版のダウンロードから始め、OSのインストールと操作の基礎を学んだあと、企業内で利用する各種サーバーを構築します。RHELは、企業内の基幹業務システムの運用を目的としたOSであるため、システム管理、各種サーバーの構築など、運用管理の応用に重点を置いています。また、RHEL 7で一新された、新しい管理手法を学ぶ技術者にも役立つ内容です。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

レッドハット株式会社

サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
ソリューションアーキテクト&クラウドエバンジェリスト

商社系システムインテグレーター、外資系ハードウェアベンダーを経て、現在、レッドハット株式会社にてクラウドエバンジェリストとして活躍。2006年に仮想化友の会を結成し、日本における仮想化技術の普及推進に貢献した。

主な著書に「KVM徹底入門」(翔泳社)、「Xen徹底入門」(翔泳社)、「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著」(翔泳社)、「Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた」(日経ITpro)がある。

連載バックナンバー

OS書籍・書評

RHEL 7のインストールメディアを作成するには

2015/12/25
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

RHEL 7を入手するには

2015/12/24
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

Red Hat Enterprise Linux 7のインストールについて確認しよう

2015/12/22
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています