PR

初期のBIアーキテクチャ

2010年3月2日(火)
平井 明夫

DWH用途の機能向上が進む

■Q&Rツール

Q&Rツールは、Windows OSのPCに導入され、GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)を使用して、エンドユーザーでもSQLを生成し、クエリの結果をレポートとして出力することを可能にするもので、(1)データの検索・絞り込み、(2)グループ合計などの計算、(3)レポートの書式設定とファイルやプリンターへの出力、という3つの機能を持っていました。

このQ&Rツールの登場により、それまでの、「レポート(帳票)は、情報システム部門に依頼して出力してもらうもの」という常識が否定され、「エンド・ユーザーが自らのニーズに応じてデータを検索しレポートを作成する」という革命的な情報処理の業務プロセスの変化が発生しました。

■データ・ウエアハウス(DWH)

一方、Q&Rツールの普及は、同時にDWHの導入の促進を意味し、C/S型アーキテクチャの発達に伴ってマーケットを拡大していたRDBにとっても、DWH用途での機能向上が大きなポイントとなりました。

DWHの特徴は、第一にそのスキーマ(データベース構造)に見て取れます。

標準的なDWHは、スター・スキーマと呼ばれるデータベース構造を持ちます。このスキーマは、業務アプリケーションで発生するデータを時系列に格納し、高速な検索を行う目的に適しています。

スター・スキーマにおいては、中心のファクト・テーブルと呼ばれるインデックスと数値カラムで構成されるテーブルの周りを、ディメンション・テーブルと呼ばれる属性データで構成される複数のテーブルが星型に取り囲んだ形で表現されます(図3)。

スター・スキーマには、以下のような利点があります。

  • 顧客名、部署名といった属性データによる検索は、ディメンション・テーブルのみの全件走査で処理できるため検索スピードが速い。
  • ファクト・テーブルと複数のディメンション・テーブルとの間でのデータの重複を最小限にできるため、データ量が小さくなる。
  • データ・ウエアハウス内固有のキーで結合しているため、業務システムで変更される属性データへの対応が容易である。

このようなスター・スキーマを使用したDWHの性能を向上させるために、RDBにおいては、C/S型アーキテクチャの時代を通じて、パーティションやサマリー・テーブルといった技術分野で機能強化が行われました。

一方、RDBとは別に、データを単純に集計するだけではなく、複数の視点から非定型に分析するための、OLAP、多次元データベースといった技術も発達しました。これらの技術の内容については、次回以降で詳しく解説します。

C/S型のBIアーキテクチャの限界

この時代のBIは、以上のようなアーキテクチャを持って発展しましたが、エンド・ユーザーへの普及という点では、一部のパワー・ユーザー、つまり自らデータを検索しレポートを作成する意欲と必要性を持つユーザーに限定される、という結果に終わりました。

このことは、BIの概念がエンド・ユーザーのデータ処理に対する積極性を前提としていることから考えると、必然だったのかもしれません。

しかし、パワー・ユーザー以外にも、BIに対する潜在的なニーズは存在しており、この時代にそれが掘り起こされなかったのは、C/S型アーキテクチャの持つ、大量ユーザーのサポートに対する限界が影響したことは間違いありません。

今回は、初期の、つまりC/S型までのBIアーキテクチャについて説明しました。次回は、2010年現在のBIアーキテクチャについて解説します。

株式会社クロスキャット シニアコンサルタント

2004年、前職にて、当時は珍しかったOSS BIツールOpenOLAPの開発に参画、現在は、中堅・中小企業向け経営管理ソリューションのローンチに携わるかたわら、データ分析を中心としたテーマでの講演・執筆活動を行っている。主な著書・共著書に『BIシステム構築実践入門』、『データ分析できない社員はいらない』がある。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています