PR

メガベンダーのスイート製品

2010年3月1日(月)
IT Leaders編集部

専門家から一般社員までフルカバー

2007年、IBMはコグノスを、オラクルはハイペリオンを、そしてSAPはビジネスオブジェクツをそれぞれ買収した。 3社とも大手BIベンダーの製品を既存の自社ラインナップに加え、データ統合から分析ツールまでの「フルカバー」をうたっている。

IBM、オラクル、SAPというメガベンダーがBIツール大手を次々に買収した背景には、「即断即決のスピード経営が求められる中、『業績の見える化』や『データ分析による仮説検証サイクル』を実現するBIは、エンタープライズシステムの一環をなす不可欠な構成要素となった」(ジールの山本秀典代表取締役CEO)ことがある。

オラクルとSAPはERPソフトの大御所。IBMにしても売り上げの6割以上をサービスで稼ぐ巨大SIerと見ることができる。理想的な業務システムを描くジグソーパズルにたとえるなら、3社は最後のピースを埋めるためにBIベンダーの買収に走ったようにも見える。

企業の「今」や「未来」を分析するために必要となる機能を、すべて網羅して提供しようというのは各社に共通する考え。スイート製品の構成要素やアークテクチャは、大枠で見れば似通っている。マスターデータ管理の機能、DWHやデータマートにデータをロードする機能、ダッシュボードや分析レポートといったフロントエンドの機能をアプリケーション基盤上に実装。業種・業務別のテンプレートを提供し、特に予測やシミュレーションが重要となる財務分野向けには専門ツールを用意する。さらに、これまでのノウハウを活かし、KPIの設定などのコンサルティングも引き受けるというものだ。

データ統合にも領域を広げる

BIを導入するにあたり、分析対象となるデータの品質を高めることはとても重要な作業だ。そこで各社は、マスターデータ管理やDWHへのデータローディングを効率化する製品を提供している(マスターデータ管理については『IT Leaders』2008年11月号で特集した)。

IBMでは「InfoSphere MDM Server」「InfoSphere Information Server」がこれに相当する(図2)。オラクルは「Data Integrator」を擁する。これはスイート製品「Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus(BIEE Plus)」の構成要素の1つだ。SAPは「Master Data Services」「Data Integration and Data Quality Management」と呼ぶカテゴリの中でツール群を提供している。

ただし、これらの製品を導入したからといって、すぐにマスターデータ管理を自動化できるわけではない。どのシステムのどのデータを参照したいかを明確にするのに加え、それぞれの粒度もチェックして各種の設定を施す必要がある。DWHにデータを格納するタイミングも日次の夜間バッチ処理でいいのか、1時間ごとの更新が必要なのかなど企業や業務によって事情が異なる。自社のニーズに合わせて吟味し、場合によってはベンダーをはじめ社外の専門家に可否を確認するのが賢明だ。

『IT Leaders』は、毎号約3万名の読者にお読みいただいている月刊のIT専門誌です。企業情報システムを担当する方々や事業部門のIT担当の方々、およびIT関連プロフェッショナルの方々を対象に、実践的で役立つ情報を掲載しています。ご登録・選考により、無料でお読みいただけます。
購読申し込みはこちら(http://it.impressbm.co.jp/registration)。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています