PR

コンテンツもよりインタラクティブに!

2008年10月16日(木)
吉田 悟美一

モバイルコンテンツもリッチ化してきた

 前回(http://www.thinkit.co.jp/article/145/2/)まで、サイトのリッチ化とその方法について紹介してきましたが、サイト表現だけでなく、提供されるコンテンツも端末の進化とともに、よりインタラクティブにリッチ化してきています。今回はモバイルコンテンツの最新事情について紹介します。

 見栄えのするサイトというだけでは、集客はできてもリピートにはつながりません。そこには魅力的な最新コンテンツが欲しいところです。魅力的なリッチコンテンツはサイトの集客にも、機動力を発揮します。

 最近では「デザイン化されたサイト+リッチコンテンツ」というパターンのサイトに人気が集中してきているようです。企業のブランドサイトでも、サイトをリニューアルし、待受Flashなどのコンテンツを導入したら、アクセスが10倍に上がったという事例もあります。ユーザーが欲しいコンテンツがそこにあれば、口コミの強いモバイルの場合、一気に広まる可能性も秘めています。

 第1回(http://www.thinkit.co.jp/article/145/1/)の冒頭に紹介した、GUCCIのモバイルサイト(http://www.gucci.com/jp/japanese/gucci-news/about-mobile/)では、シーズンごとやコレクションごとの最新情報と、それに関連したきせかえツールや待受Flashを配信しています。若年層の女性を中心に非常に人気が高く、自身の携帯をそっくりGUCCI化させているユーザーも多く見受けます。

 このようなサービスコンテンツが、サイトへの集客やユーザーの囲い込みでの効果を発揮していることは間違いないのですが、それ以上に、効果の長いブランディング施策になっている可能性も高いのです。

 例えば常に身に付けている携帯端末が、Aブランドでデコレーションされ、さらには仲の良い友人たちの携帯も同じAブランド化されていたらどうでしょう。そのユーザーの、Aブランドへの信頼感や親近感のアップが期待できると思います。

 このように、モバイルサイトの場合、エンターテイメント性の高いリッチコンテンツの導入検討も、サイト構築を考える場合に重要なポイントなのです。

携帯端末をデコレーションするコンテンツ

 では、最新のモバイルコンテンツにはどんなものがあるでしょうか。

 トレンドとしては、急激にリッチ表現のコンテンツに人気が移行しています。例えば、「着メロ→着うたフル」「待受Flash→きせかえ」「デコメ→デコアニメ」などが挙げられます。最新端末への買い替えタイミングが早くなっていることも理由の1つです。

 代表的な人気リッチコンテンツを中心に、図1にまとめてみました。それでは、注目したいコンテンツについて簡単に紹介していきます。

 まずは、携帯端末をデコレーションするタイプのコンテンツです。

 「きせかえコンテンツ」は、待受画面/メニュー画面や発着信画面、電池表示、アンテナ表示、アラーム、着信音などを好きなデザインや音声に一括で同一テーマに着せかえし、携帯のUIのカスタマイズができるコンテンツです。

 最近のリッチコンテンツの中では、最も注目度も高く、人気も高いコンテンツといって良いでしょう。ただし、開発アイテムが多く、端末ごとの仕様に合わせた開発も必要になるので、予算が大きくなってしまうのが難点です。

 「待受Flash」「着Flash」は、Flash Liteを使ったインタラクティブな待受画面用コンテンツです。携帯電話のイベントに連動したり、待受時にアニメーションを表示できる待受Flashは、待受画像に変わるコンテンツとして既に一般化し、人気があります。キャリア依存や機種依存が少なく、かつ汎用性が高く、非常に導入しやすいコンテンツといえます。

 「デコメ」は、簡易なHTMLメールの送受信が行えるコンテンツです。背景色や文字色を変えたり、画像を表示したリッチな携帯メールを送ることができます。テンプレートや素材をダウンロードし、ユーザーがデコメを作成することもできるので、デコメ素材の提供をコンテンツ化することもできます。

 最新のタイプではFlashアニメーションを使った、「デコアニメ」という進化型のサービスも登場しています。ユーザーへのメルマガ配信などでデコメは、訴求効果の高い情報発信を期待できます。モバイルECサイトでのデコメ活用では、特に高いリアクション率があるといわれています。

株式会社イオス
代表取締役/CEO(デザイナー/モバイルマーケター) 。1988年 株式会社イオス設立。プロダクト/Webデザイン等、商品開発・マーケティング分野を専門に展開。1999年、モバイル事業参入後は、ゲーム・動画配信・ショッピングモール等、複数の公式コンテンツを提供。モバイルサイト構築プラットフォーム「Rockbird(http://www.rockbird.jp/)」開発・提供。著書「ケータイ小説がウケる理由」「成功するケータイ通販」 http://www.e-o-s.net/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

コンテンツもよりインタラクティブに! | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。