PR

Macで仮想化環境を作るには?

2008年9月4日(木)
masuidrive

ネーティブ仮想化

 ネーティブ仮想化を実現するアプリケーションは3つあります。

 1つ目が、「Parallels Desktop for Mac」です。これは、Intel Macとして初めてリリースされた仮想化環境で、歴史が長い分、細かい配慮が行き届いているのが特徴です。現在はサーバ版のParallels Server for Macもリリースされています。開発元はParallels社(http://www.parallels.com/)、日本代理店は株式会社ラネクシー(http://www.runexy.co.jp/products/parallels-mac/)により販売されています。価格は18,900円です。

 2つ目が「VMware Fusion」です。これは、Windowsでも定評のある仮想化環境のOS X版で、64ビット版ゲストOSをサポートするなど、高度な仮想化が特徴です。開発元はVMware(http://www.vmware.com/jp/products/fusion/)です。

 3つ目が「VirtualBox」です。オープンソース版も公開されている仮想化環境です。通常版も「個人利用または評価目的に限り無料」と記されており無料で利用できます。どちらもVirtualBoxのダウンロードページ(http://www.virtualbox.org/)よりダウンロードできます。FAQ(http://www.virtualbox.org/wiki/Licensing_FAQ)によれば、商用利用でサポートなどが必要な場合は、直接innotek社に問い合わせてほしいと書かれています。

APIエミュレーション

 続いてAPIエミュレーションの例として、「CrossOver Mac」を紹介します。これはオープンソースのWINE(http://www.winehq.org/)をベースにしたWindows APIエミュレーション環境です。ただし対応アプリケーション以外は動かない場合がありますので、注意してください。開発元は、CodeWeavers社(http://www.codeweavers.com/site/products/)、日本代理店は株式会社ネットジャパン(http://www.netjapan.co.jp/r/product_mac/item006/)です。

 仮想化環境ではありませんが、最後にIntel Mac上で別のOSを動かすための一般的な手段である「BootCamp」を、参考のために紹介します。これはIntel Macの上でWindowsなどOS X以外のOSを直接起動させるためのアプリケーションで、OS X 10.5標準添付されています。

 BootCampは仮想化を行わず実際の環境で動きますが、OS起動時にBIOSのエミュレーションを行い、MacでもPC向けのOSのインストール/起動を可能にしています。そのため、仮想化に伴うパフォーマンスの劣化などは起こりません。

 次は、仮想化の方法を比較してみましょう。

PukiWikiなどのオープンソース活動を経て、2005年からRuby on Railsに的を絞り、WEB2.0社 PingKingやニフティ アバウトミーの開発に関わる。これまでのフリー活動から転身し、2007年は1年だけ会社員として働いた後、起業のため渡米。2008年4月にBig Canvas Inc.設立。現在、米ベルビュー在住。http://bigcanvasinc.com/http://blog.masuidrive.jp/

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事