PR
連載 [第106回] :
  週刊VRウォッチ

HTCがVIVE Focusなどで使える6DoFコントローラーを発表

2018年10月22日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関連するニュースが数多く報じられました。VR関連では、両手を自由に動かせる新たなVR向けコントローラーの開発版が、HTCから発表されました。またHTC NIPPON株式会社が、一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」の国内での販売開始をアナウンスしたことも話題となりました。

またAR/MR関連では、スマートフォンを使用する単眼ARヘッドセットがクラウドファンディングサイトにて99ドルで予約を開始したというニュースや、日本マイクロソフトがMRデバイス「HoloLens」のレンタルを開始するなど、デバイス関係が多く報じられた週となりました。

HTC、VIVE Focusなどで使える6DoFコントローラーの開発者版を発表

HTCは10月20日、中国・南昌で開催中の世界VR産業会議にて、新たなVR向けコントローラーの開発者版を発表しました。このコントローラーを使うと、同社が提供する一体型VRヘッドセットVIVE Focusなどで、両手を自由に動かすことができるようになります。

今回発表されたコントローラーは、VIVE Focus専用というわけではなく、HTCが展開するプラットフォームVIVE Wave向けのコントローラーとして発表されています。VIVE Waveは、HTCが中国を中心に展開するモバイルVR向けのエコシステムであり、HTC以外にもPico、暴風魔境など他のVRヘッドセットメーカーも参加しています。

本ニュースの詳細はこちら:
HTC、VIVE Focusなどで使える6DoFコントローラーの開発者版を発表
https://www.moguravr.com/htc-6dof-controller/

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」と海外で好評の「VIVE Pro スターターキット」日本発売

HTC NIPPON株式会社は、一体型VRヘッドセット「VIVE Focus(エクスプローラーエディション)」の国内販売を2018年10月30日(火)より開始します。価格は66,750円(税別)。ビジネス用途向けの販売となります。

VIVE FocusはスマートフォンやPCを必要とせず、単体で動作する一体VRヘッドセットです。外部センサーを設置することなく、前面についているカメラを通して位置を検出することで、いわゆる位置トラッキングが可能なため、体験者はしゃがんだり、身体を前後左右に動かすことができます。

本ニュースの詳細はこちら:
一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」と海外で好評の「VIVE Pro スターターキット」日本発売
https://www.moguravr.com/vive-focus-vive-pro-starter-kit/

単眼スマホARヘッドセット「MagiMask」99ドルで予約開始

ノルウェーのスタートアップLudensoは、ARヘッドセット「MagiMask」を発表しました。スマートフォンを差し込んで使用するデバイスで、低価格ながら高い解像度とトラッキング精度を謳っています。価格は99ドル(約11,000円)。発表と同時に、クラウドファンディングサイトのKickstarterでキャンペーンを開始しました。

MagiMaskは、iOS/AndroidのAR対応スマートフォンを挿入して使用します。カスタマイズなしに、既存ARアプリの99%に対応するとのことです。特徴は、レンズを1つしか使用していない点と、シート状のMagiTile、カード状のMagiKard、サイコロ型のMagiDiceという付属品を使い、トラッキングを可能にしていることです。出資額は、数量限定の早期割引で79ドル(約9,000円)からで、デバイス本体とMagiTileなどの付属品3点がセットになります。出荷時期は2019年1月開始を予定しています。

本ニュースの詳細はこちら:
単眼スマホARヘッドセット「MagiMask」99ドルで予約開始
https://www.moguravr.com/magimask/

日本マイクロソフトが「HoloLens」レンタルを開始、月6万円から

日本マイクロソフトは、横河レンタ・リース株式会社とMicrosoft HoloLens認定レンタルパートナー契約を締結しました。2018年10月25日より、法人顧客を対象として横河レンタ・リースからMRデバイス「HoloLens」のレンタルが可能となります。

マイクロソフトが提供するHoloLensは、従業員のトレーニングや作業支援など、現場の第一線での活用が広がっています。これまで利用方法は購入に限られていましたが、より多くの顧客がMRデバイスHoloLensを利用できるように、レンタルを開始するとのことです。1台あたりのレンタル価格は、1週間で24,000円、1ヶ月で60,000円となります。

本ニュースの詳細はこちら:
日本マイクロソフトが「HoloLens」レンタル開始、月6万円から
https://www.moguravr.com/hololens-rental/

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第113回

Bose、耳で聴くARグラスを米国で2019年1月発売

2018/12/10
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第112回

ジャパンディスプレイがVR向け液晶搭載のVRヘッドセットを発売

2018/12/3
記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第111回

超広視野角VRヘッドセット「StarVR One」開発者向けの販売が開始

2018/11/26
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています