PR
連載 [第207回] :
  週刊VRウォッチ

マイクロソフトがVR触覚デバイス試作機を公開、より自然な触感を再現

2020年11月2日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関する多くのニュースが報じられました。なかでも注目なのは、マイクロソフトが発表した触覚デバイス「PIVOT」に関するニュースです。

現状では、ほとんどのVRコンテンツは作品内でオブジェクトを拾うまたは捨てる際、ハンドコントローラーを使用します。このやり方は銃などの一部のアイテムでは没入感を得られますが、多くのオブジェクトに関しては現実感がやや乏しくなります。

PIVOTはハンドベルト型デバイスで、従来型のコントローラーにはできない「物理的オブジェクトとの自然な接触を模倣する」とのことです。

マイクロソフトの触覚デバイス試作機 VRでよりリアルな再現

マイクロソフトは、ハンドベルト型デバイス「PIVOT」を発表しました。VRヘッドセットと組み合わせて使用することが想定されています。

ハンドベルト型デバイスの動きで「リンゴをもぎ取る」「手に持つと(アーム部分が)揺れる」といった感覚をVRで体験できます。「PIVOT」の論文では「将来的な可能性を示している」と結論づけており、今後も研究が継続・改良が見込まれます。

本ニュースの詳細はこちら:
マイクロソフトの触覚デバイス試作機 VRでよりリアルな再現
https://www.moguravr.com/microsoft-pivot/

フェイスブックがVR内テキスト入力の研究内容を公開、物理キーボードと近い水準に

フェイスブックのAR/VR部門Facebook Reality Labsは、VR内における文字入力の研究成果を公開しました。本研究では手・指の動きを認識するハンドトラッキングを採用し、音声認識で使用される解析技術を参考にしたとのこと。不規則な手指の動きをAIで予測し、物理キーボードと遜色ない打鍵速度や入力精度を実現しています。

本ニュースの詳細はこちら:
フェイスブックがVR内テキスト入力の研究内容を公開、物理キーボードと近い水準に
https://www.moguravr.com/fb-research-of-text-input-vr/

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

2020年10月、シンガポールのDeca社はVRヘッドセット「DecaGear」を発表しました。「DecaGear」のディスプレイ解像度は片目あたり2,160×2,160ピクセル、リフレッシュレートは90Hzと、HPのVRヘッドセット「Reverb G2」に匹敵する水準です。また、腰の動きをトラッキングする「ヒップトラッキング」機能も搭載しています。

同社は高機能かつ450ドル(約47,000円)の低価格を強調していますが、実績のない新興企業である点から、実現の可能性について懸念する声も上がっています。

本ニュースの詳細はこちら:
シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も
https://www.moguravr.com/decagear/

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

韓国・サムスン電子と米国のスタンフォード大学は、最大10,000ppi(pixels per inch)まで対応する新型の高解像度有機ELディスプレイを発表しました。VRデバイスにおける問題のひとつ「スクリーンドア」(ディスプレイに網目状の模様が見える現象)の解決に役立つ可能性があります。

サムスンとスタンフォード大が開発した新型ディスプレイではフィルムを使用し、反射層の間に白色光を放射させます。片方は銀、もう片方はナノサイズの波型の反射金属を使用しています。この「光学メタサーフェス」は反射特性を変化させ、特定の色にピクセルを通じて共鳴することを可能にします。このデザインによって、従来の有機ELディスプレイと比較して、高いピクセル密度を実現したとのことです。

本ニュースの詳細はこちら:
サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発
https://www.moguravr.com/samsung-stanford/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第215回

松屋がVRトレーニングを追加導入、お手本を見ながら調理手順を学ぶ

2021/1/4
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第214回

ドイツ通信事業者がソーシャルVRプラットフォームのテスト開始

2020/12/21
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第213回

スマートコンタクトレンズ開発のMojo Visionがメニコンとの提携を発表

2020/12/14
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています