CloudNative Days Tokyo 2023から、DBaaSの現在とマルチクラウドの可能性を解説

2024年1月22日(月)
高橋 正和
CloudNative Days Tokyo 2023から、NTTデータのエンジニアによるDBaaSの現在とマルチクラウドに関した内容のセッションを紹介する。

2023年12月11日、12日の両日にハイブリッド形式で開催されたCloudNative Days Tokyo 2023のキーノートから、株式会社NTTデータグループの小林隆浩氏による、データベースのマネージドサービスであるDBaaS(Database as a Service)の動向に関するセッションを紹介する。

セッションを担当したNTTデータグループの小林隆浩氏

セッションを担当したNTTデータグループの小林隆浩氏

タイトルは「詳説探求!Cloud Native Databaseの現在地点」。小林氏は2019年のCloudNative Days Tokyoでも「Cloud Native Storageが拓く DB on K8sの未来」というタイトルで発表している。今回SNS上で、データベースをどこで動かしているか簡単なアンケートをとったところ、2019年ごろはクラウドがオンプレミスと同じぐらいだったのに対し、現在ではクラウドが倍以上になったという。そして、2019年のセッションでテーマとしていたKubernetes上でのデータベースは、今回も5%未満だったが、この分野が今回のセッション後半のテーマだ。

制約の緩和によりオンプレミスからDBaaSへの移行が進む

制約の緩和によりオンプレミスからDBaaSへの移行が進む

大手クラウドのDBaaSでも書き込みの水平スケール

2023年のクラウドデータベースの最大のニュースとして、小林氏はAWSのAurora Limitless Databaseを取り上げた。Auroraクラスターにシャードグループという仕組みを追加して、書き込みも水平スケールするようになっている。

Aurora Limitless Databaseが登場

Aurora Limitless Databaseが登場

Limitless Databaseの登場により、DBaaSの勢力状況が大きく塗りかわるというのが小林氏の考えだ。これまでDBaaSでは、レプリケーションでスケールさせるRDSタイプ、分散ストレージを使ったクラウドネイティブなAuroraタイプ、さらにマルチライター/ハイパースケールの3種類があった。マルチライター/ハイパースケールとしてはこれまで、TiDBなどのNewSQLがAWSのAuroraなどからの乗り換えを訴求していたが、そこにAurora Limitless Databaseが乗り込んできた形だ。

DBaaSの分類

DBaaSの分類

クラウドネイティブなデータベースが必要な理由として、アプリケーションがコンテナ化やCI/CD、マイクロサービスなどによって開発スピードを上げているときに、データベースもそれについていくためにクラウドネイティブな管理手法が求められると小林氏は説明した。

DBaaSを使ったDevはマルチクラウド化できてもOpsは難しい

こうしてクラウドベンダーからマネージドでクラウドネイティブなDBaaSが揃えば安心かというと、そうはいかない。クラウドネイティブに運用しているつもりでも、結局「特定クラウド」ネイティブになっただけではないか、というのが小林氏の問題提起だ。

クラウドの障害に備えてマルチクラウドにする、という話は以前からあった。一方で最近になって別の理由として、特にSaaS企業において、売り上げを伸ばすためにマルチクラウドにするというケースも増えてきた。インターネット経由でAPIを呼んでもらうだけではなく、顧客システムと同じクラウド上でサービスを提供するというわけだ。

小林氏はマルチクラウドについて、データ連携は必要なくアプリケーションをKubernetes化してポータビリティをもたせた「(狭義の)マルチクラウド」、そしてクラウド間でデータを同期する「クロスクラウド」という分類で呼び分けた。そして、狭義のマルチクラウドとクロスクラウドの両方で、データベースのポータビリティが結果的に足を引っ張るという。

サービスのポータビリティはDBaaSの選択次第?

サービスのポータビリティはDBaaSの選択次第?

クラウドベンダーのDBaaSを使ったサービスの技術スタックを見てみると、DevOpsでいうDev(開発チーム)の領域は、DBMSが同じであれば別のクラウドでも問題ない。一方、Ops(運用チーム)の領域では、IaC(Infrastructure as Code)のコードや、モニタリングの仕組み、チューニングのやり方について、アプリケーションほどのポータビリティはないと小林氏は指摘する。

DBaaSの課題

DBaaSの課題

ポータビリティのあるDBaaSや事例を紹介

では、データベースのポータビリティを高めるためにどうするかというと、「そのようにデザインされたDBaaSを使いましょう」というのが小林氏の回答だ。

近年、データベースベンダーがKubernetesをプラットフォームにして構築したDBaaSが見られるようになった。YugabyteDBやTiDBなどのマネージドサービスだ。こうしたサービスでは、複数クラウドでのポータビリティが確保される。

クラウドベンダー横断で利用可能になるDBaaS

クラウドベンダー横断で利用可能になるDBaaS

最初に紹介されたのが、PostgreSQLベースのエンタープライズ向けデータベースを開発しているEnterpriseDB(EDB)社の、PostgreSQL as a Serviceである「EDB BigAnimal」だ。データベースのコントロールプレーンとして自前のKubernetes Operatorを開発しており、ユーザーはどのクラウドでも同じデータベースとして使えるようになっている。

どのクラウドでも利用できるEDB BigAnimal

どのクラウドでも利用できるEDB BigAnimal

またPercona Everestは、PostgreSQLやMySQL、MongoDBに対応したプライベートDBaaSの構築ツールだ。Kubernetesを前提とし、各種クラウドやオンプレミスでDBaaSを自分で作ることができるようになっている。

プライベートDBaaSを謳うPercona Everest

プライベートDBaaSを謳うPercona Everest

小林氏が所属するNTTデータでも、グループ内のプライベートクラウド向けにPGaaS(PostgreSQL as a Service)を開発している。ただし、NTTデータのプライベートクラウドではKaaS(Kubernetes as a Service)がまだないので、そこは検討中だという。

NTTデータが手がけるPGaaS

NTTデータが手がけるPGaaS

ポータビリティだけでなくマルチクラウドのマルチKubernetesクラスターでのデータベース運用については、KubeConのセッションで発表されていた事例が紹介された。マルチクラウドのマルチKubernetesクラスターのコントロールプレーンとなるElotl Novaと、YugabyteDBを組み合わせたもので、障害時にはクラスターを切り替えるようになっている。

DB on Kubernetesとマルチクラスターオーケストレーター

DB on Kubernetesとマルチクラスターオーケストレーター

さらにクロスクラウドの金融での例については、日本の北國銀行の事例がある。AzureとGoogle CloudでSQL Serverを動かし、GoogleのCross-Cloud Interconnectという高速接続サービスを介して同期更新しているという。

クロスクラウドの今後は?

クロスクラウドの今後は?

最後に小林氏は期待として、2023年に発表されたGoogleのPostgreSQL互換データベースAlloyDBがコンテナイメージとして動くAlloyDB Omniについても触れた。AlloyDB OmniのKubernetes Operatorが登場すれば、Google Cloud以外のクラウドでAlloyDB Omniを動かしてCross-Cloud Interconnectで接続することで、マルチクラウドデータベースが実現できるのではないかというわけだ。

AlloyDB OmniでマルチクラウドDBが実現?

AlloyDB OmniでマルチクラウドDBが実現?

大手クラウドベンダーのDBaaSの動向をおさえつつ、マルチクラウドを考えたKubernetes上のDBaaSサービスの必要性や可能性を語るセッションだった。

データベースもオンプレミスからクラウドへ、そしてDBaaSへといった流れが主流になってきている。その際、Kubernetesでクラウド上のアプリケーションはポータビリティを備えるようになったが、データベースの運用はそうもいかないという指摘については、思いあたる人も多いだろう。

そうした中で、実際にマルチクラウドでデータベースを運用するサービスやツール、事例などを紹介しながら説明していたのが、具体的な将来性を感じさせるセッションだった。

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第10回

CloudNative Days Tokyo 2023から、Yahoo! JAPANを支えるKaaS運用の安定化やトイル削減の取り組みを紹介

2024/3/11
CloudNative Days Tokyo 2023のセッションから、LINEヤフーの社内KaaSであるZCPを安定運用さるための施策を同社のSREが解説したものを紹介する。
セキュリティイベント
第9回

CloudNative Days Tokyo 2023から、業務でのOSSコントリビューションのありかたとKeycloakについて解説したセッションを紹介

2024/2/28
CloudNative Days Tokyo 2023から、OSSコントリビューションを企業の業務として成立させるために必要なことを解説したセッションを紹介します。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています