PR

RHEL 7を入手するには

2015年12月24日(木)
平 初
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

インストールイメージのダウンロード

RHEL 7をインストールするためには、インストールイメージをダウンロードして、インストールのためのDVD-RやUSBメモリーを作成する必要があります。インストールイメージを入手するには、Red Hatログインのアカウントでログインします。アカウントをお持ちでない場合には、まずRed Hatログインのアカウントを作成します。評価版の利用のためであれば、個人のアカウントを作成すればよいでしょう。その後に、手持ちのサブスクリプションを利用するか、RHELの30日間評価版を申請して、インストールイメージをダウンロードします。

Red Hatログインのアカウントが必要

Red Hatのサブスクリプションサービスを受けるためには、「Red Hatログイン」と呼ばれるアカウントを作成する必要があります。これはRHEL 7の評価版を利用する場合にも必要です。もうすでに何かしらのRed Hat製品をご利用であれば、1度は作成しているはずです。もしお持ちでない場合には、作成してください。

最新のマイナーリリースを選ぶ

ダウンロードする時点で、RHEL 7のマイナーリリースが7.2や7.3などにバージョンアップしていた場合、一番新しいDVDイメージをダウンロードしてください。古いDVDイメージからインストールすると、インストール後のセキュリティアップデートの数が増えて、時間がかかります。

DVDイメージのサイズに注意

ダウンロードするDVDイメージファイルは約3.5〜4.0GBのサイズがあります。転送量に制限がある回線では、注意してください。

Red Hatログインのアカウントを作成する

1.アカウント作成フォームに入力する

  1. Webブラウザーで以下のURLにアクセス
    https://www.redhat.com/wapps/ugc/register.html
  2. [個人]をクリック
  3. 作成するアカウント名を入力
  4. メールアドレスを入力
  5. 作成するアカウントに付けるパスワードを入力
  6. 確認のためもう一度パスワードを入力
  7. 性別を選択
  8. 名前を入力
  9. 住所と電話番号を入力
  10. [Red Hat Portals Terms of UseおよびExport Control Agreement.に合意します]をクリックしてチェックマークを付ける
  11. [送信]をクリック

2.アカウントの登録を確認する

登録の確認メール中のURLにアクセス

3.ログインする

  1. アカウント名を入力
  2. パスワードを入力
  3. [ログイン]をクリック

30日間評価版をダウンロードする

1.カスタマーポータルを表示する

  1. Webブラウザーで以下のURLにアクセス
    https://access.redhat.com/
  2. [ダウンロード]をクリック

2.RHEL 7の評価版サブスクリプションを選ぶ

[Red Hat Enterprise Linux]の[Start Evaluation]をクリック

3.評価を開始する

[Continue]をクリック

4.規約に同意する

  1. 評価版規約を確認
  2. [AGREE AND GET STARTED]をクリック

5.ダウンロードする

  1. ソフトウェアの一覧ページに移動
  2. [Red Hat Enterprise Linux]をクリック

6.ダウンロードする製品を確認する

  1. RHELの最新版であることを確認
  2. 下にスクロール

7.インストールイメージをダウンロードする

[RHEL 7.1 Binary DVD]をクリックするとダウンロードが実行される

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

平 初 著/できるシリーズ編集部 著
価格:3,000円+税
発売日:2015年6月25日発売
ISBN:978-4-8443-3839-0
発行:インプレス

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

新人のIT管理者向けにビジュアルを使い、RHEL 7の基本操作、サーバー構築について、ハンズオン形式で解説します。Red Hatログインのアカウントを作成し、RHEL 7の評価版のダウンロードから始め、OSのインストールと操作の基礎を学んだあと、企業内で利用する各種サーバーを構築します。RHELは、企業内の基幹業務システムの運用を目的としたOSであるため、システム管理、各種サーバーの構築など、運用管理の応用に重点を置いています。また、RHEL 7で一新された、新しい管理手法を学ぶ技術者にも役立つ内容です。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

レッドハット株式会社

サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
ソリューションアーキテクト&クラウドエバンジェリスト

商社系システムインテグレーター、外資系ハードウェアベンダーを経て、現在、レッドハット株式会社にてクラウドエバンジェリストとして活躍。2006年に仮想化友の会を結成し、日本における仮想化技術の普及推進に貢献した。

主な著書に「KVM徹底入門」(翔泳社)、「Xen徹底入門」(翔泳社)、「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著」(翔泳社)、「Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた」(日経ITpro)がある。

連載バックナンバー

OS書籍・書評

RHEL 7のインストールメディアを作成するには

2015/12/25
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

RHEL 7を入手するには

2015/12/24
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

Red Hat Enterprise Linux 7のインストールについて確認しよう

2015/12/22
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています