PR

XMLデータを自由に活用しよう

2008年6月11日(水)
高橋 義博

階層構造の場所を指定してみよう

 先ほども説明しましたように、Flashで読み込んだXMLファイルのデータを取り出すためには、「階層構造内の要素の場所を指定する(要素の範囲を指定)」を指定する方法と「どのようなデータを取り出すか(データの種類の指定)」を指定する方法の、2つを理解することが大切になります。

 まずは、第1回でも使用したサンプルFlaファイルを使い、階層構造の場所を指定します。第1回の記事をお読みでない方は、サンプルFlaファイルをこちらからダウンロード(http://www.thinkit.co.jp/images/article/83/1/8312.zip)できます(8312.zip/5.51 KB)。サンプルFlaファイルは、1ページ目で紹介しましたサンプルXMLファイルと同じフォルダに入れて利用してください。

 サンプルFlaファイルの18行目の「trace(photo_xml);」を「trace(photo_xml.firstChild);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」を押しますと「出力パネル」が表示され、図2の「photo_xml.firstChildの指定範囲」の内容が表示されます。

 この「firstChild」ですが、最初の子ノードという意味を持ち、最初にあるノード(slideShow)の内容を表します。この場合、最初のノードだけではなく、そのノードを基点としたすべての階層を含みます。

 このように、XMLのオブジェクト名に場所を指定するプロパティを記述して、XMLファイルの場所を指定します。

より細かく階層構造の場所を指定してみよう

 先ほどの「photo_xml.firstChild」では、XMLファイルのデータ全体を指定しましたので、今度はより細かく場所を指定したいと思います。

 サンプルFlaファイルの18行目を「trace(photo_xml.firstChild.childNodes);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図2の「photo_xml.firstChild.childNodesの指定範囲」の内容が表示されます。指定先を「childNodes」とすることで、「photo_xml.firstChild」のすべての子ノードを指定することができます。

 次に、すべての子ノードの中から、最初のノードを指定します。先ほどと同様に、「trace(photo_xml.firstChild.firstChild);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から[出力パネル]を表示させますと、図2の「photo_xml.firstChild.firstChildの指定範囲」の内容が表示されます。指定先を「childNodes」とすることで、「photo_xml.firstChild」の最初の子ノードを指定することができます。

 最後に、すべての子ノードの中から、2番目のノードを指定します。同様に、「trace(photo_xml.firstChild.childNodes[1]);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図2の「photo_xml.firstChild.childNodes[1]の指定範囲」の内容が表示されます。

 先ほど説明しました「childNodes」は、配列としてデータが格納されます。そのため、指定先を「.childNodes[1]」とすることで、配列「photo_xml.firstChild.childNodes」の2番目を指定することができます。

 XMLファイルの階層構造の場所を指定する基本的な方法は以上です。では、次のページで、指定した場所の値を指定していきます。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています