PR

認証・ID管理、従来のオンプレとクラウド(IDaaS)との”いいとこどり”をした、「プライベートIDaaS」とは?

主催者: 
株式会社アイピーキューブ / 日本システムウエア株式会社 / 協力:マジセミ / オープンソース活用研究所
日時: 
2018年7月20日(金) 15:30
会場(場所): 
日本システムウエア株式会社 渋谷本社ビル10階

東京都渋谷区桜丘町31-11

【内部不正や標的型攻撃への対応などでますます重要になる「認証とID管理」】

企業における認証やID管理は、以前からのテーマですが、近年その重要性はますます高まっています。
従来の、システム利用者の利便性を高めるための「シングルサインオン」や、ユーザ登録や権限変更などのシステム管理者の負担を軽減する「ID統合管理」や「プロビジョニング」はもちろんのこと、内部不正への対応や、標的型攻撃への対策においても、認証やID管理は重要なテーマになっています。

【認証・ID管理のクラウドサービス「IDaaS」とは】

これまでは、企業内(もしくはデータセンター)に認証やID管理用のサーバーを設置する、いわゆる「オンプレミス(オンプレ)」が主流でした。
しかし最近、これらの機能をクラウドで提供する「IDaaS」が注目されています。

【オンプレと比較したメリット/デメリットは?】

全てのケースでIDaaSが適しているわけではありません。
IDaaSは、いわゆる「マルチテナント型」であり、他社のデータと混在で自社のデータ(IDやパスワード)が管理されてしまいます。
また、個別の要件への対応はできません。

一方、オンプレの場合は、認証・ID管理の維持・運用に大きな負担がかかります。

【従来のオンプレと、クラウド(IDaaS)の「いいとこどり」プライベートIDaaSとは?】

本セミナーでは、IDaaSの概要やその動向をご紹介します。

その上で、最近ユーザー企業からの要望が多い、従来のオンプレと、クラウド(IDaaS)の「いいとこどり」をした、「プライベートIDaaS」というアプローチについて解説します。

【セッション紹介】
■IDaaSとオンプレ、認証・ID管理の動向と、「プライベートIDaaS」という考え方
■NSW-BizIAMでID/パスワード/認証を一元化し、セキュリティとコンプライアンスを強化する
■パスワードをクラウドに持ち出さない、オンプレで統合認証基盤を構築する

★詳細はお申込みページからご確認ください★

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています