PR
連載 :
  徹底比較!!ERP

企業成長の基盤 - Oracle E-Business Suite & JD Edwards EnterpriseOne

2006年6月27日(火)
矢野 酉太郎

JD Edwards EnterpriseOne製品の概要

JD Edwards EnterpriseOneは、国内に240社以上の導入実績ある中堅企業様向けに開発されたアプリケーションパッケージです。「JD Edwards」というブランドは、旧ピープルソフト社に買収された際に一旦はなくなりましたが、今回の米国オラクル社による買収によりそのブランド名が復活しました。

中堅企業様向けに開発された本製品ですが、図2にあげるように業務カバレッジは広く、パラメータによる設定で様々な業務ニーズをカバーすることが可能です。JD Edwards EnterpriseOneの魅力は、包括的な製品構成(会計、販売、生産)においても短納期でローコスト導入を実現することにあります。

製品の業務カバレッジ
図2:製品の業務カバレッジ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

また多くの導入事例において製品と業務プロセスとの差分が少なく、インタフェース開発を除けば「標準製品+設定」にて導入を実現しています。

Comprehensive(包括的なソリューション)
  • 会計、販売、購買、在庫、生産、プロジェクト管理、設備・不動産管理に至るまでの幅広い業務カバレッジ。
  • 標準的ビジネス・プロセスの装備。
  • パラメータ設定により業界固有のビジネス・プロセスに対応。
     
Flexible(柔軟性)
  • パラメータ設定が中心の導入スタイルのため、企業成長にあわせた柔軟な対応が可能。
     
Affordable(経済性)
  • 早期導入を実現し、初期投資コストの低減。
  • プロジェクトへの専門リソース投入期間の短縮の実現。
  • 保守、運用の容易性の確保。

表3:JD Edwards EnterpriseOne製品の特長

JD Edwards EnterpriseOneにおける導入プロジェクトでは、会計、販売、在庫、購買、生産の三拠点に対するビックバン導入においても1年で本番稼動を実現しています。統合度合いの強い製品の特性を活かすためには、「次の企業成長」の基盤として複数の拠点(工場)に短期間でかつローコストでビックバン導入を目指すようなケースにおいて、ぜひ活用いただければと思います。

日本オラクル株式会社

ソリューションプランニング部 シニアマネージャー。
東洋情報システム(現TIS)、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、2001年より現職。人事管理、CRMを中心としたコンサル ティング経験を活かし、「Oracle NeO」「Oracle EO」ビジネスの立ち上げをはじめとした日本オラクルのアプリケーションビジネスにおけるソリューション・マーケティング戦略および企画を担当。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています