PR

hello_world_asyncサンプルを試す

2006年10月31日(火)
江川 潔

wsdl2javaとjavacコマンドを使ったビルドと起動

   samples/hello_world_asyncディレクトリからターゲットディレクトリのbuild/classesを作成し、WSDLファイルからコードを生成します。

   SEI方式を利用するので、async_binding.xml.tmplを編集してwsdlのフルパスを@WSDL_LOCATION@に指定します。例えば以下の様な指定を行います。


wsdlLocation="C:\Celtix-install\celtix\samples\hello_world_async
\wsdl/hello_world_async.wsdl"

   別名「async_binding.xml」で保存します。非同期通信を行う設定でクラスを生成する場合、wsdl2javaコマンドでこのファイルを参照します。なおasync_binding.xml.tmplファイルはそのまま保存しておきます。

   UNIXの場合は以下のコマンドを実行します。

mkdir -p build/classes
wsdl2java -d build/classes -b ./wsdl/async_binding.xml -compile
./wsdl/hello_world_async.wsdl

   Windowsの場合は以下のコマンドを実行します。

mkdir build\classes
wsdl2java -d build\classes -b .\wsdl\async_binding.xml -compile
.\wsdl\hello_world_async.wsdl

   次のコマンドでクライアントとサーバアプリケーションをコンパイルします。

   UNIXの場合は以下のコマンドを実行します。

export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CELTIX_HOME/lib/celtix.jar:./build/classes
javac -d build/classes src/demo/hw/client⁄*.java
javac -d build/classes src/demo/hw/server⁄*.java

   Windowsの場合は以下のコマンドを実行します。1行目がすでに設定されている場合は2行目から実行してください。

set classpath=%classpath%;%CELTIX_HOME%\lib\celtix.jar;.\build\classes
javac -d build\classes src\demo\hw\client\*.java
javac -d build\classes src\demo\hw\server\*.java
日本アイオナテクノロジーズ株式会社 テクニカルセールスマネージャ

株式会社富士通SSLでNTT仕様のオペレーティング・システムの開発に従事したのち、日本ディジタルイク イップメント株式会社でNTT向けシステムの開発、その後、ソフトウェアとハードウェアのプリセールス活動を展開した。DECの合併を経て、現職のミドル ウェア製品のマーケティング、アライアンス、プリセールスなどに従事。

blog「Essence is Real」
http://blogs.iona.com/essence/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています