TOPサーバ構築・運用> Postfixをインストールして実行する




CentOS
CentOSでインターネットサーバを構築しよう

第4回:スパムメール対策付きメールサーバを立ち上げる

著者:オープンドリーム  池田 友子   2007/7/30
1   2  3  次のページ
Postfixをインストールして実行する

   最終回となる今回は、CentOS上にスパムメール対策を講じたメールサーバを構築する例を紹介します。ここで取り上げるメールサーバにPostfixを利用します。Postfixは通常CentOSにデフォルトではインストールされていません。したがって、下記コマンドを実行してインストールする必要があります。
#yum install postfix

   またPostfixを標準で使用する場合、sendmailがインストールされている時になんらかの問題が発生する可能性があります。そのため、あらかじめアンインストールしておくことをお勧めします。アンインストールするには下記コマンドを実行してください。

#yum remove sendmail
#yum remove sendmail-cf

   将来的にPostfixからsendmailに移行する可能性があるとか、どうしてもsendmailを残しておきたいときには、アンインストールせずに「system-switch-mail」を使用するとよいでしょう。このsystem-switch-mailはPostfix本体とメールシステム配送システムを切り替えるための管理ツールです。system-switch-mailをインストールし、コマンドを実行すると図1のような画面が出現します。

#yum install system-switch-mail
#system-switch-mail

system-switch-mailのコマンドを実行したところ
図1:system-switch-mailのコマンドを実行したところ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ここでPostfixを選択し、「OK」で終了させます。これでsendmailが無効となり、Postfixが利用できるようになります。

   Postfixの基本的な設定ファイルは「/etc/postfix/main.cf」です。このファイルも基本的な設定はすでに行われているので、変更が必要な箇所をあげていきます。

   まずエディタで/etc/postfix/main.cfを開き、該当箇所を変更してください(図2)。

変更箇所
図2:変更箇所
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   以上で基本的な設定は完了です。変更した/etc/postfix/main.cfを保存してください。そうしたらPostfixを起動して設定を有効にします。正常に起動できればメールの送信が可能になります。

Postfixが起動しているところ
図3:Postfixが起動しているところ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   では、メールが正常に送信されるか確認をしょう。

$ mail ユーザ名@ドメイン名 enter

subject: 題名・・・・・・
内容・・・・・・

入力後ctrl+Dを押す

Cc: enter

   /var/mailの該当ユーザディレクトリにメールが蓄積されているので、catコマンドなどで表示させて送信テストしたメールが表示できればメールは正常に設定されています。

送信したメールの詳細例
Received: by localhost.localdomain (Postfix, from userid 0)
        id E743ACB63E; Wed, 20 Jun 2007 14:46:58 +0900 (JST)
To: root@localhost.localhost.localdomain
Subject: test test testmail
Cc: localhost@localhost.localdomain
Message-Id: <20070620054658.E743ACB63E@localhost.localdomain>
Date: Wed, 20 Jun 2007 14:46:58 +0900 (JST)
From: root@localhost.localdomain (root)

this is test mail.

end

   メールサーバが正常に稼働したら、次はスパムメール対策を行ってみましょう。

1   2  3  次のページ


株式会社オープンドリーム 池田 友子
著者プロフィール
株式会社オープンドリーム  池田 友子
ネットワークに興味を持ち、IT業界に足を踏み入れた。Linuxを中心に学んできたが、知識・技術の幅を広げたくなり、オープンドリームに入社。その旺盛な好奇心から、Linux以外の分野にも積極的に取り組んでおり、OS・サーバ・データベース・プログラミングなど、オールマイティなオープンソース技術者を目指して日々修業を続けている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:スパムメール対策付きメールサーバを立ち上げる
Postfixをインストールして実行する
  スパムメールとは
  ユーザ側の設定でスパム判定をシビアにする
CentOSでインターネットサーバを構築しよう
第1回 インターネットサーバをはじめるには?
第2回 イントラネットサーバをはじめよう
第3回 Samba+CentOSでファイルサーバを作ってみよう
第4回 スパムメール対策付きメールサーバを立ち上げる