PR

Visual Studio 2008が変える!デジタルワークスタイル像

2007年9月26日(水)

マイクロソフトが語る最新プラットフォーム開発環境

Visual Studio 2008が変える!デジタルワークスタイル像
話者:マイクロソフト  鈴木 祐巳、近藤 和彦
2007/9/26

 
 
 
いちはやくVisual Studio 2008を体験できる環境を用意

シンクイット — これから製品のリリースに向けて、どのようなプロモーションを行っているのですか?
鈴木氏:現在、マイクロソフトのダウンロードサイトでVisual Studio 2008のβ版を配布していますので、ぜひ皆様にも新しいVisual Studioを体験していただくことができます。またVisual Studio 2008 Express Editionも公開されていますこちらもお試しください。

    このほかには、「Microsoft On」という開発者やITのプロフェッショナル方々を対象にした、当社のエバンジェリストが講師となって新技術の動向を説明する無償の勉強会があります。 ここではすでにVisual Studio 2008のコースも用意されています。また無償でのトレーニングも秋から行う予定となっています。

   こういったセミナーに参加できない方々にもVisual Studio 2008の素晴らしさを体験できるよう、ストリーミングやバーチャルラボなどで体験できる環境を準備していきます。

Visual Studio 2008の専用サイト
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/future/



シンクイット — Visual Studio 2008で将来的に開発スタイルはどのように変わっていくと考えているのでしょうか
近藤氏:技術者が開発を進めるうえで、その時に利用するテクノロジーや開発スタイルが異 なっているのは実用的に意味がないと考えています。ですので、統一したスタイルを維持しつつ、デジタルワークスタイルとしての実現に向け、お客様のビジネ ス環境に合わせたものを提供しなければなりません。そのためにもビジネスワークスタイルをよりITに向けるために、さまざまな形でサポートしていきます。

鈴木氏:マイクロソフトという企業も、もともとBasicという製品からスタートしている 会社であり、開発ツールは社内でも重要な位置づけの製品です。開発ツールがドライブするマーケットというのは、Windowsを扱っていだだける、 Microsoft Officeを使っていただける市場ですので、われわれがより一層牽引していきたいと考えています。
 

マイクロソフト株式会社
デベロッパー&プラットフォーム統括本部
デベロッパービジネス本部 デベロッパー製品部
グループ マネージャ
鈴木 祐巳

長年、マイクロソフトで開発ツールのマーケティングに従事。現在は、Visual Studioだけでなく、デザイナ向けツールであるExpressionも担当。

マイクロソフト株式会社
デベロッパー&プラットフォーム統括本部
デベロッパービジネス本部
デベロッパー製品部
Visual Studioマーケティンググループ マネージャ
近藤 和彦

2001年マイクロソフト入社。開発者向けのプロジェクトサポートおよびコンサルタント を経て、開発テクノロジのエバンジェリストを担当、イベントや記事寄稿などを通じて開発テクノロジの普及活動に従事していた。現在はその経験を活かして Visual Studio のプロダクトマネージャを担当、開発者向けの製品およびテクノロジに関するマーケティング活動を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています