PR

Linuxカーネルにroot権限を剥奪される脆弱性

2016年10月25日(火)

Linux kernelにroot権限が奪取される恐れのある脆弱性が発見された(CVE-2016-5195)。JPCERT/CCから「緊急」として発表された。

該当するバージョンは、Linux 2.6.22 およびそれ以降で「4.8.3より前のバージョン」「4.7.9より前のバージョン」「4.4.26より前のバージョン」。copy-on-write機構に競合が発生し、root権限を不正に奪取される危険がある。

この脆弱性に対応するパッチおよびアップグレードが各ベンダーから公開されているため、Linuxのユーザはパッチを適用するか、各ベンダーから提供されているカーネルのアッグレードを行うことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
CVE-2016-5195
JVNの記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック