PR

GDEPソリューションズ、StarNet CommunicationsのLinuxサーバ高速リモートアクセスツール「FastX」の国内販売を開始

2017年1月24日(火)

GDEPソリューションズは1月11日、StarNet CommunicationsのLinuxサーバ高速リモートアクセスツール「FastX」の国内販売を開始すると発表した。

「FastX」は、Xプロトコルを改良したFastXプロトコルを使用することで、オンプレミスやクラウド環境などにあるハイエンドのLinuxアプリケーションを、PC、タブレット、スマートフォンなどから、クライアント性能やネットワーク帯域を問わずに利用できるようにするツール。これにより、今後ニーズが高まると予想されているハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)上でのLinuxアプリケーション利用が可能になる。

背景は、ビッグデータ解析、ディープラーニングなどの人工知能、CAD/CAM/CAEなどで、高性能サーバ機のニーズが高まっていることにある。これらサーバ機のOSは多くの場合がLinuxであるため、Windows PCなどからLinuxサーバを操作できるツールへの期待が高まっていたという。これに対して 「FastX」 は、Xプロトコルの代わりにどのようなネットワーク環境下、クライアント環境でも実行できる、オリジナルの「FastX」プロトコルを使用し、3D/OpenGLレンダリングにも対応したハイパフォーマンスでの表示・画面操作を実現した。

価格は1ユーザ39,800円(税別、初年度メンテナンス含む)。無償評価版も用意されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック