PR

デスクトップ向けBSD OS「GhostBSD 11.1」リリース

2017年11月18日(土)

GhostBSD teamは11月16日(現地時間)、FreeBSD ベースのデスクトップ向けOS、GhostBSDの最新版「GhostBSD 11.1」のリリースを発表した。

「GhostBSD」は、「FreeBSD」をベースとしたデスクトップ用途向けOS。デスクトップ環境にMateおよびXFCEを採用しており、選択して利用できる。FreeBSDをベースにしているため、BSDのアーキテクチャ、パフォーマンス、セキュリティを受け継いでいる一方で、多数のデスクトップ機能を有している。

「GhostBSD 11.1」では、従来FreeBSDのソフトウェアパッケージリポジトリを利用していたところ、「GhostBSD」独自のリポジトリが採用され、こちらが利用できるようになった。これによって、GhostBSD独自のアプリケーションをpkgツールを利用してアップデートできるようになった。また、その他にもインストーラーの強化など、いくつかの機能強化が施されている。

「GhostBSD 11.1」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック