PR

Intel、AMD、ARMなど多数のCPUに脆弱性、大多数のデバイスに影響

2018年1月5日(金)

 Googleのセキュリティチームは1月3日(現地時間)は、Intel、AMD、ARMなどの多数のCPUに存在する脆弱性「Meltdown」と「Spectre」について情報を公開した。

 この脆弱性は20年以上前から存在しているとされ、現在世界中で利用されている多数のCPUに存在している恐れがあり、影響を受けるデバイスも相当数に上る見通しだという。CPU由来の脆弱性ゆえ、Windows、Linux、Mac OS XなどOSに問わず影響を受けるため、全てのユーザに対応が必要となる。存在する脆弱性には不正に情報を窃取される恐れがあるものもある。

 Windows、MacOS X、Linux向けには既にこれらの脆弱性のパッチ・アップグレードが公開されているため、ユーザは早急な対応が要求される。Android向けにもアップデートが配布される予定となっている。

 なお、Intelの発表によると、「脆弱性の悪用によるデータ破損などの可能性はないと考えている」「既に5年以内に出荷されたCPUのほとんどの製品に対応するパッチをリリースした」などとしており、情報は錯綜している。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Google Security Blog
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック