PR

Apache HadoopでTensorFlowを動作させる「TensorFlow on YARN(TonY)」リリース

2018年9月20日(木)

 LinkedIn開発グループは9月12日(現地時間)、Apache Hadoop上でTensorFlowを動作させる「TensorFlow on YARN(TonY)」をリリースした。

 「TensorFlow on YARN(TonY)」は、Apache Hadoo上で分散型機械学習を運用するために開発されたフレームワーク。「TonY」では、リソース・ネゴシエーションやコンテナ構築などのタスク処理を通じてTensorFlowのジョブをできるだけ扱いやすくすることを目指している。TonYは、YARNのリソース管理とジョブスケジューリング機構を応用して、TensorFlowのジョブをHadoopクラスタに割り当てる。また、スケジューリングや、種類に応じたリソース要求(GPU・CPU)の機能を持つほか、TensorFlowのノードに対するメモリー割り当てを変え、ジョブの出力を定期的に保存して、クラッシュや中断が発生した場合でも再開できる。

 TonYはGitHubより入手できる。ライセンスは2条項BSDライセンス。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック