PR

サイバートラスト、製造業向けIoT 用Linuxおよび製品の長期利用支援サービス「EM+PLS」を発表

2019年7月11日(木)

サイバートラストは7月9日、IoT機器の長期使用を実現するサービス「EM+PLS」を2019年秋より提供すると発表した。また、同サービスを構成する要素として、組み込み向けLinux OS「EMLinux」の試用版を提供開始する。

「EM+PLS」は、3つの要素を長期にわたって提供し、IoT 製品の長期間・継続的な提供を支援するサービス。

○長期的にファームウェアアップデートができソフトウェアの脆弱性対応が可能な組み込みLinux とその仕組み
○国際機関認定の認証局が運営するIoT認証基盤で信頼の起点を担保し、IoT機器が本物であることを担保するトラストサービス
○IoT 関連の法改正や変化するコンプライアンスに対応し、製造から廃棄までのサプライチェーンをトラストチェーンに変えるツール群

EM+PLS はコア機能であるEMLinux 試用版をWebサイトに公開している。同社はEMLinuxについて、パートナーや企業ユーザーに対して使用感などのフィールドテストを行い、2019年秋のサービス提供開始を目指すとしている。また、提供開始後も機能拡張を含め段階的にアップグレードを実施する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック