PR

日本IBM、クラウドサービス「IBM SmarterCloud」でPHPの開発環境を提供

2013年8月24日(土)

日本IBMは8月22日、企業の柔軟かつ効率的なIT活用を支援するクラウド・サービス「IBM SmarterCloud」の拡充を図るため、アプリケーションの開発環境とアプリケーション・ライフサイクル全体の管理機能を統合し提供するPaaS「IBM SmarterCloud Application Services(以下、IBM SCAS)」の機能を強化し、今回新たに、Webサービスやモバイルサービスの開発に使われている開発言語であるPHPの開発環境を提供すると発表した。

「IBM SCAS」は、クラウド・アプリケーションの開発環境とアプリケーション・ライフサイクル全体の管理機能を統合して管理できるため、迅速かつ効率的な開発と運用管理の負担やコストの軽減を実現するDevOpsを推進する。IBMが推進するパターン・ベースド・テクノロジーを実装しており、アプリケーションの開発、構成、統合、保守などに必要な情報をあらかじめ定義したパターンや仮想イメージを活用することにより、開発期間の短縮やライフサイクル管理の効率化、運用のセミオートメーション化を実現する。

今回、IBM SCASにZend社のPHP Serverを利用できる機能を追加し、「Zend Server V6 Apprication Pattern for PHP」という仮想アプリケーション・パターンとして提供する。Zend PHP Serverを利用したあらかじめ構成されたPHP開発および実行環境を容易に準備でき、Webサービスやモバイルサービスの開発を行うアプリケーション開発者は、開発期間の短縮やライフサイクル管理が効率化し、アプリケーション開発の業務に注力できるようになる。

IBM SCASは、IBMの企業向けクラウド・プラットフォーム「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」上で稼働するPaaSとして提供され、SCEを契約するユーザーであれば、追加の契約をすることなくすぐに利用を開始できる。IBM SCEは、全世界6カ所のIBMデータセンターを連携・統合しながら、世界中どこからでも同じサービスを利用できるパブリック・クラウド・サービスで、業界最高レベルとなるSLAで99.9%の高信頼性を提供し、経済性と高信頼性の両方を必要とする企業に適している。

SCASの価格はサービスや機能、使用する仮想パターンごとに、ユーザー数や使用時間にもとづいて設定されており、Zend Server V6 Application Pattern for PHPは、月額または時間ごとの従量課金制で最適な利用料金を選択できる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック