PR

クラスキャット、SoftLayerクラウド対応ソリューションの提供を開始

2014年5月14日(水)

クラスキャットは5月12日、IBM SoftLayerパートナーとして各種サービスの提供を開始するとともに、SoftLayerクラウド対応ソリューションを順次提供していくことを発表した。ソリューション第1弾として、インターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Ex」シリーズのSoftLayerクラウド対応の新ラインアップ「ClassCat Cute Server Manager Cloud Edition Ex 6.5 for SoftLayer」を提供する。

IBM SoftLayer パートナーとして開始する主なサービスは、「SoftLayerオーダー代行サービス」、「SoftLayerユーザ向け日本語ポータルサービス」、「SoftLayer パートナー向けトレーニング」の3つ。

「SoftLayerオーダー代行サービス」は、カスタマーの要望に沿ったSoftLayerサービスを提案し、カスタマーと合意したサービス内容をカスタマーに代わりクラスキャットがSoftLayer社に対してオーダーするサービス。この場合、クラスキャットからの請求書ベースで日本円での支払となる。本サービスでは「SoftLayerユーザ向け日本語ポータルサービス」も併せて利用することができる。さらに、SoftLayer社が提供しているクラウドサービスの具体的な内容について日本語による問合せサービスも提供する。

「SoftLayerユーザ向け日本語ポータルサービス」は、SoftLayerクラウドのユーザを対象とした日本語ポータルサービスで、SoftLayerクラウド上のアカウントに属する各種リソースの管理・監視や共通情報の取得が可能。

「SoftLayerパートナー向けトレーニング」は、SoftLayerのパートナー企業を対象としており、クラウドベースのソリューションを導入または提案しようとしているパートナーにSoftLayerのサービスとソリューションについて習熟してもらうことを目的としたトレーニングコース。トレーニングの開催は要求ベースでオンサイトで実施する。

以上のIBM SoftLayerパートナーとしてのサービスを開始するとともに、クラスキャットのソリューション製品をSoftLayerクラウドに対応させた上で順次提供していく。 提供するSoftLayerクラウド対応ソリューション第1弾は、インターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Ex」シリーズの SoftLayer クラウド対応の新ラインアップ「ClassCat Cute Server Manager Cloud Edition Ex 6.5 for SoftLayer」となる。

「ClassCat Cute Server Manager Cloud Edition Ex 6.5 for SoftLayer」は Cobalt RaQ550の操作性を継承したLinuxサーバ管理ツール「ClassCat Cute Ex」シリーズのSoftLayerクラウドサービス向けの最新ラインアップ製品。オープンソース化された Cobalt RaQ550の運用管理ツールをベースにメールセキュリティ機能を大幅に強化し、侵入検知/防御 (IDS/IPS)・改竄検知ソリューションをシームレスに統合し、SoftLayerクラウドサービス上の利用に最適化した。Red Hat Enterprise Linux 6及びCentOS 6の両者に対応している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています