PR

ルネサス エレクトロニクス、ARM mbedプロジェクトに参画

2014年8月23日(土)

ルネサス エレクトロニクスは8月21日、ARM社の「Cortex-A9」をCPUコアに採用したマイコン「RZ/A1グループ」にてARM mbedプロジェクトに参画することを発表した。

RZ/A1グループは、400MHz の高性能CPUであるCortex-A9、10MBの大容量内蔵RAMおよびヒューマン・マシン・インタフェース(以下HMI)に必要となる、カメラ入力、グラフィックス出力、オーディオ機能を有しており、「Cortex-M」を採用したmbedと比較し、DMIPS値換算で約4倍のCPU性能、約40倍のRAMサイズを実現したマイコン。

mbedは、ARM社が運営しているクラウドベースの無償の開発環境で、ユーザーは開発環境やコンパイラをPC等にインストールすることなく、コミュニティーベースで開発された、オープンソースの様々なハードウェア・ソフトウェア資産群を利用可能になるため、デバイス開発用プラットフォームとして、近年注目を浴びている。

ユーザーは、RZ/A1グループの性能とmbedのエコシステムを活用することで、従来のCortex-Mでは実現できなかった高い性能レンジの機能が実現できるため、今後のInternet of Things向け組込みシステム開発の可能性の拡がりが期待されている。

また、ルネサスは現在、初心者からコアユーザーまで手軽に電子工作を楽しめるコミュニティ「がじぇっとるねさす(略称「がじぇるね」)」の活動を推進している。このプロジェクト参画により、マイコンを搭載した小型のガジェット(電子工作ボード)と、マイコン用のプログラムを専門知識がなくても容易に作成できるmbed環境を提供できるようになるため、今後は電子工作を身近なものとして楽しんで頂く活動をより積極的に開催する計画だ。

mbedに対応するRZ/A1ボードは、株式会社コアが開発で、株式会社若松通商が製造・総発売元となり、2014年末から発売される予定。また、本年9月のがじぇるねイベントにて、βユーザーを募集する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック