PR

ミラクル・リナックス、OSS運用統合ソフト「Hatohol」の仮想マシンイメージを無償公開

2014年12月27日(土)

ミラクル・リナックスは12月24日、システム監視やインシデント管理、ログ管理など、様々な運用管理ツールを統合するオープンソースの運用統合ソフト「Hatohol (はとほる)」を簡単に体験できるVMware用の仮想マシンイメージを開発し、MIRACLE Labsにて無償公開を開始した。

今回公開する仮想マシンイメージでは、複数のZabbixおよびNagiosサーバを活用している環境において、監視サーバの一括監視による利便性を体験することができる。仮想マシンイメージとしてHatoholをセットアップ済みの状態で提供するため、仮想環境にインポートしてすぐに利用できる。本仮想マシンイメージでは以下の機能を提供する。

  • 複数のZabbix/Nagiosサーバを統合してイベントを管理
      複数のZabbix/Nagiosで取得した情報を統合管理
  • Redmineと連携してアラームをインシデント管理
      イベントから自動的にチケット起票
      チケット進捗情報をイベント画面にマージして一覧表示

現在、Hatoholは、ZabbixとNagiosが保持するイベントなどの情報の集約する機能と、それらを統合して表示する機能を有している。今後、OpenStackのハイパーバイザーが管理している仮想マシンのリソース情報の収集機能と、システム上に散在するログの管理機能をHatoholに追加する予定。これにより、ゲストOSやアプリケーションのリソース情報とログ、仮想マシンのリソース情報、および物理マシンのリソース情報とログを集約できるようになる。さらに、これらの情報を一元的に表示可能なグラフ機能を追加する。

Hatoholを機能拡張すると同時に、Redmineでのインシデント管理やfluentdでのログ管理など各種OSSとの連携を進め、次世代IT基盤によるエコシステムを開発し、クラウド環境/オンプレミス環境の統合的な運用管理とその工数削減を実現して、OSSによる運用管理の課題解決を図る。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック