PR

Rails技術者認定試験運営委員会、Ruby on Railsのエントリー資格「Rails4ブロンズ試験」を発表

2015年3月19日(木)

Rails技術者認定試験運営委員会は3月13日、新試験「Rails4技術者認定ブロンズ試験」を発表した。なお、ベータ試験は4月25日より合計4回実施する。本試験は今年の秋より全国160か所のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンターにて実施することを発表した。本試験問題作成にはアジャイルウェアの協力を得ることとなった。

  • 名称 Rails 4 技術者認定ブロンズ試験
  • 目的 Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ること
  • 対応バージョン Rails 4.0
  • 種別 ブロンズ試験:Ruby on Railsの基本知識を問う試験
  • 受験料金 10,000円/回(税抜)
  • 試験開始時期
      本試験 2015年秋
      ベータ1試験:2015年4月25日(土曜日)※受験料金無料、合格者は本認定扱い
  • 試験会場 本試験:全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
  • 設問数 40問
  • 試験時間 1時間
  • 合格基準 7割正解
  • 出題形式 選択式(単一または複数選択)

ブロンズ試験出題範囲

  • 1. Ruby on Railsの基本 10%
  • 2. Scaffolding機能によるRails開発の基礎 10%
  • 3. ビュー開発とヘルパー 20%
  • 4. モデル開発 20%
  • 5. コントローラ開発とルーティング 20%
  • 6. テスト(MiniTest) 10%
  • 7.メールと国際化 10%

・上記の詳細は試験Webサイトで公開し、公式Twitterアカウント「@railscp」にて通知する予定。
・gem install rails --version='~>4.0' でインストールされる範囲のみを出題する。プラグイン、rubygemsは出題範囲には含めない。
・前提OSはUnix系だが、基本的にはOSに依存しない出題とする。
・本試験では実行環境については問わない。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています