PR

Silverlight 4の印刷機能:RichTextBox編

2010年8月4日(水)
PROJECT KySS

■RichTdextBox内のデータを複数ページに渡って印刷する処理

新しいStackPanelのインスタンスmyStackPanelオブジェクトを生成します。Orientationプロパティでスタックされるコンテンツを垂直方向に設定します。

新しいRichTextBoxのインスタンスmyRichTextBoxオブジェクトを生成し、BorderThicknessプロパティに0を指定して枠線を消します。

新しいParagraphのインスタンスmyParagraphオブジェクトを生成します。加算されるメンバ変数pageNumberが0のとき、つまり1回目にPrintPageGoプロシージャが呼ばれた時は、以下の処理を実行します。

要素と要素の内容を取得します。

テキストのビジュアル・プロパティを設定します。

新しいRunのインスタンスmyRunオブジェクトを生成します。Runクラスは書式付き、または書式なしのテキストのセクションを表すクラスです。フォントサイズ、太字と文字色を指定し、Textプロパティに取得しておいた「タイトル」を指定します。

以上の生成と設定ができたところで、myParagraphオブジェクトにmyRunオブジェクトを追加します。

表示されたタイトルの下に改行を追加するには、改行を表すLinebreakクラスを使います。新しいLinebreakのインスタンスmyLinebreakオブジェクトを生成して、myParagraphオブジェクトに改行を追加します。

新しいRunのインスタンスmyRun2オブジェクトを生成します。フォントサイズ、太字と文字色を指定し、Textプロパティに取得しておいた「著者」を指定します。

以上の生成と設定ができたところで、myParagraphオブジェクトにmyRun2オブジェクトを追加します。

表示された著者名の下に改行を追加して、内容を表示させるのに、新しいLinebreakのインスタンスmyLinebreak2オブジェクトを生成して、myParagraphオブジェクトに改行を追加します。

myRun、myRun2の定義されたmyParagraphオブジェクトをmyRichTextBoxオブジェクトに追加します。最後にmyStackPanelオブジェクトに、myRichTextBoxオブジェクトを追加します。この処理で、1ページ目の先頭に書式の設定された、「タイトル」と「著者名」が表示されます。

加算されるメンバ変数pageNumber2が、String型のリストとして作成するメンバ変数myContent に格納された、要素の個数より小さい間、Whileステートメントで以下の処理を繰り返します。myContentオブジェクトには、要素の内容が1行ずつ読みとられて格納されています。

新しい、TextBlockのインスタンスmyTextBlockオブジェクトを生成し、Marginプロパティに5を指定して、余白が5ピクセルになるようにします。また、TextWrappingプロパティを指定して、回り込みを可能としておきます。この記述を忘れると、長い文章は途中が切れてしまいますので注意してください。myTextBlockオブジェクトのTextプロパティに、String型のリストとして作成したメンバ変数myContentを指定します。添え字に加算されるpageNumber2変数を指定します。myStackPanelオブジェクトに、内容の追加された、myTextBlockオブジェクトを追加します。

myStackPanelに対して、SizeにWidthとHeightを指定して、Measureメソッドを呼び出します。Widthには印刷可能なWidth(e.PrintableArea.Width)を指定し、Heightには正の無限大を表すDouble.PositiveInfinityを指定します。

Measureメソッドは、レイアウト処理の測定パスの実行中に、UIElementが計算したサイズを更新します。

myStackPanelのDesiredSize.Heightが、印刷可能なHeight(e.PrintableArea.Height)より大きく、かつ、myStackPanelコントロールに追加されたmyTextBlockオブジェクトの個数が1より大きかった場合は、myStackPanelコントロールから、RemoveメソッドでmyTextBlockオブジェクトを削除し、HasMorePagesプロパティにTrueを指定して、まだ印刷するページがあることを明示します。次にWhileステートメントから抜けます。

HasMorePagesプロパティにTrueを指定すると、印刷するページがある限り、PrintPageGoプロシージャが呼び出されます。PrintPageGoプロシージャが呼び出され、新しいmyStackPanelが生成されmyTextBlockオブジェクトが追加される前に、すでにmyTextBlockオブジェクトが追加されている場合は、一度RemoveメソッドでmyTextBlockオブジェクトを削除します。この処理をしなければ、ごみが入る場合があります(図5)。String型のリストとして作成したmyContentオブジェクトの添え字に指定した、pageNumber2変数を加算します。印刷する要素を指定するPageVisualプロパティにStackPanelのオブジェクトであるmyStackPanelを指定します。これで、RichTextBoxコントロール表示されていたデータの一覧が、書式付で複数ページに、印刷、または書き出されます。メンバ変数pageNumberを加算します。

■印刷が完了したときの処理

「完了」というメッセージを表示します。

この「完了」というメッセージが表示されない限り、XPSファイルは書き出されませんので、注意してください。

図5: XPSファイルに書き出した際、先頭にごみが入っている(クリックで拡大)

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています