PR

TabControlでの画像の切り替えとRichTextBoxの利用

2010年8月25日(水)
PROJECT KySS

ロジックコードを記述する

リスト3のようにロジックコードを記述します。

リスト3: ロジックコード(MainPage.xaml.vb)

ImageコントロールのSourceプロパティに画像を指定するクラスの含まれる、System.Windows.Media.Imaging名前空間を読み込んでおきます。XML to LINQでXMLを処理するクラスの含まれるSystem.Xml.Linq名前空間を読み込んでおきます。DropShadowEffectを使って影を作成するのに必要なクラスの含まれる、Windows.Media.Effects名前空間を読み込んでおきます。

ImageInfoクラス内に「画像名」と「title」のプロパティを宣言しておきます。

XElementクラス用オブジェクト変数xmldocを、メンバ変数として宣言します。

■ページが読み込まれた時の処理

XElement.LoadメソッドでXML文書ファイル(photo_etc.xml)を読み込みます。読み込んだXML文書からのコレクションを取得するクエリ(query)を定義します。ImageInfoクラスの新しいリストとして作成するmyImageInfoを宣言します。queryを実行します。クエリコレクション内を反復処理しながら、Addメソッドで、ImageInfoクラスの各プロパティ(「画像名、title」」)に、XMLの要素()と要素の属性”title”の値を追加します。ComboBox3コントロールのItemsSourceにmyImageInfoオブジェクトを指定します。これで、ComboBox3コントロールに画像名のついた画像が表示されます。

■[Select Color] のComboBoxから色が選択された時の処理

ComboBox1のインデックスが0より大きく、つまり、「Select Color」以外の項目が選択され、RichTextBox内のテキストが選択された状態である場合は、以下の処理を行います。

ComboBox1から選択された項目(この場合は色名)を変数selectColorに格納しておきます。純色で領域を塗りつぶすクラスである、SolidColorBrushクラス用のオブジェクト変数myColorを宣言します。変数selectColor内の値に応じて条件分岐を行います。色に応じた新しいSolidColorBrushオブジェクトを生成します。

ApplyPropertyValueメソッドで、指定した書式設定プロパティ(TextElement.ForegroundProperty)とその値(myColor)を現在の選択範囲に適用します。

ComboBox1から選択された値が「Select Color」であったり、RichTextBox内で文字列が選択されていなかった場合は、警告メッセージを表示し、IsDropDownOpenプロパティにFalseを指定して、ドロップダウンを閉じます。

■「Font Size」のComboBoxから項目が選択された時の処理

ComboBox2のインデックスが0より大きく、つまり、「Font Size」以外の項目が選択され、RichTextBox内のテキストが選択された状態である場合は、以下の処理を行います。

ComboBox2から選択された項目(この場合は文字サイズ)を変数selectSizeに格納しておきます。

ApplyPropertyValueメソッドで、指定した書式設定プロパティ(TextElement.FontSizeProperty)とその値(CInt(selectSize))を現在の選択範囲に適用します。

ComboBox2から選択された値が「Font Size」であったり、RichTextBox内で文字列が選択されていなかった場合は、警告メッセージを表示し、IsDropDownOpenプロパティにFalseを指定して、ドロップダウンを閉じます。

■ComboBox3から画像が選択された時の処理

ComboBox3の選択されたインデックスに該当する要素の値を取得し、変数ImageNameに格納しておきます。新しいImageのインスタンスmyImageオブジェクトを生成します。Imageに影を付けるため、新しいDropShadowEffectのインスタンスmyDrEffectオブジェクトを生成します。myDrEffectオブジェクトのプロパティであるOpacityに0.5、ShadowDepthに7を指定します。

myImageオブジェクトのWidthとHeightを指定し、Sourceプロパティに、Imageフォルダを連結したImageNameの値を相対Uriで指定します。

新しいInlineUIContainerのインスタンスmyInlineUIContainerオブジェクトを生成します。InlineUIContainerクラスは、UIElementを埋め込むことのできるクラスです。Childプロパティに画像を読み込んでいるmyImageオブジェクトを指定します。ChildプロパティはInlineUIContainerによってホストされたUIElementを取得するプロパティです。RichTextBoxの選択されている位置に、Insertメソッドで、myInlineUIContainerオブジェクトを挿入します。これで、画像がカーソル位置に挿入されます。

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

TabControlでの画像の切り替えとRichTextBoxの利用 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。