PR

そもそもWindows Azureとは

2010年9月14日(火)
大和屋 貴仁

3種類のクラウドサービス

クラウドサービスは、サービス形態に応じて幾つかのカテゴリに分類することが一般的になりつつある。IaaS型クラウドサービス、PaaS型クラウドサービス、SaaS型クラウドサービスの3種類に分類される。従来通り手元にサーバーがあり、自分で全ての環境を構築しアプリケーションを動作させる環境をオンプレミスと表現されるようになってきている。

IaaS型クラウドサービス、Pass型クラウドサービス、SaaS型クラウドサービスが提供するサービス内容を図示すると次のようになる。

図1:クラウドサービス分類
IaaS型クラウドサービス
Infrastructure as s Service。基本的なハードウエアを提供するサービス形態。ネットワークやロードバランサーの設定、仮想マシンまでが用意される。Amazon Web Servicesが代表例である。
PaaS型クラウドサービス
Platform as a Service。アプリケーションの実行環境を提供するサービス形態。Windows Azure PlatformとGoogle App Engineが代表例である。例えば、Google App Engineの場合は、ユーザーがPythonでコーディングしたアプリケーションをGoogleのデータセンター内のホスティング環境で動作させる。
SaaS型クラウドサービス
Software as a Service。インターネット上で提供されるアプリケーションで、必要に応じてユーザーが必要な機能を取捨選択することができるサービス形態である。Salesforce.comが代表例である。Salesforce.comは、予め作成された会計や給与などのアプリケーションを必要な機能や使用人数に応じてカスタマイズできるサービスである。

マイクロソフトが提供するクラウドサービス

マイクロソフトが提供するクラウドサービスには、PaaS型クラウドサービスとSaaS型クラウドサービスがある。SaaS型サービスには、bingやWindows Live、Exchange Online、SharePoint Onlineなど一般消費者向けからエンタープライズ向けまで幅広く提供されている。PaaS型クラウドサービスとして提供されているのが、Windows Azure Platformである。

図2:マイクロソフトが提供するクラウドサービス

Windows Azure Platformとは

一般的にWindows Azureと表現される場合、暗にWindows Azure Platformを指していることが多い。実際にはWindows Azure Platformと言う大きな括りの中にWindows Azureが含まれている。Windows Azure Platformとは、Windows Azure、SQL Azure、AppFabric、プロジェクトコード名Dallasの4種類で構成させるクラウドテクノロジーの総称である。

図3:Windows Azure Platformを構成する4つの要素
Windows Azure
サービスホスティング環境、サービス管理環境として動作するマイクロソフトのクラウドOSである。コンピューティング環境やストレージが提供され、インターネット経由で提供されるwebアプリケーションをホスティングすることができる。
SQL Azure
クラウドベースのリレーショナルデータベースである。基本部分には、SQL Serverが使用され、クラウドに適合するようにカスタマイズが行われている。一部分、SQL Azure特有の概念やカスタマイズが行われているが、原則、SQL Serverと同等の考えが通用する。
AppFabric
オンプレミスのアプリケーションとクラウドのアプリケーションを接続するのに必要な基本的なインフラを提供する。ネットワークの境界線を越えるサービスバスと、フェデレーション認証をするアクセスコントロールで構成されるサービスである。
プロジェクトコード名Dallas
Windows Azure Platformで提供される特別なデータを管理したり、発信したり、探すことができるサービスである。データや画像などの情報を販売する情報市場である。各自が保有する情報をDallasで販売が行える。販売されている情報をAPIを使用して取得することができる。

マイクロソフトのPaaS型クラウドサービスであるWindows Azure Platformの個々の特徴や使用方法、および開発手法については次回から順番に見ていく。

第1回の最後に、インストールマニアックスの次回大会について報告しておく。冒頭で紹介したJAZの発足イベント内で、「インストールマニアックス4開催のご案内」があった。2009年の年末年始に開催されたインストールマニアックス3に続く、第4弾の大会である。詳細は今後発表される予定となっているが、Azureがキーワードとなることは間違いなさそうだ。

Hyper-VやSQL Serverなどの技術に興味を持ってきた自称SE。最近は、SQL Serverをベースに開発されたクラウドデータベースのSQL Azureに熱中している。一方で、Windows Phone 7にも興味を惹かれており、妥協案としてWIndows Phone 7でSQL Azureと連携させようと企む日々。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています