PR

データベースの最近の変化と動向

2010年10月1日(金)
藤本 壱

「NoSQL」が増える

リレーショナルデータベースは、非常に幅広い分野で使うことができます。そのため、現在のデータベースの市場では、リレーショナルデータベースが圧倒的に使われています。ただ、すべての場合においてリレーショナルデータベースが最適であるかと言うと、そうではありません。

例として、Twitterを考えてみます。Twitterは、ユーザー数が非常に多く、次々とデータが更新されていきますので、高速に大量のデータ(特に書き込み)を処理することが求められています。一方、データの構造は比較的シンプルです。また、扱っているデータは個人のつぶやきであり、金融関係などのデータと比べれば、重要度はさほど高くありません。このようなデータは、重厚なリレーショナルデータベースで処理するよりも、もっとシンプルで高速に動作するデータベースで処理する方が向いています。

このように、昨今ではリレーショナルではないデータベースが求められる場面が増えつつあります。その流れの中で、「NoSQL」と呼ばれるようなデータベースが徐々に広がっています。

「NoSQL」という語感からは、SQL(で操作するリレーショナルデータベース)に対して「No」を突き付けるようなイメージがあります。ただ、実際にはそうではなく、現在では「Not Only SQL」(SQLだけがデータベースではない)というような意味合いで、NoSQLという用語を使うことが一般的です。

NoSQLには、「これがNoSQL」と言うような明確な定義はありません。ただ、以下のような特徴があることが多いです。

  1. リレーショナルデータベースと比べて、何か(速度やスケーラビリティ等)に特化する傾向がある
  2. 大量のデータの処理に適している
  3. リレーショナルデータベースのテーブル定義とは異なり、明確なデータ構造を決める必要がない
  4. データの整合性を100%は保証しない

また、NoSQLに分類されるデータベースとしては、「キーバリューデータベース」「列指向データベース」「ドキュメント指向データベース」などがあります(図3)。これらについては、次回以降で具体的な例を紹介します。

図3:最近のデータベースの分類

HTML5でWebブラウザでもデータベースを扱える

インターネットの利用が広がるにつれて、Webブラウザ上で動作する「Webアプリケーション」が一般的になってきました。例えば、Webブラウザ上でメールの送受信を行う「Webメール」や、Webブラウザ上で動作するワープロ等のビジネスアプリケーションなどが存在しています。

しかし、Webアプリケーションを作る上で、従来のHTMLは機能的に決して十分だとは言えません。そのため、現在ではHTML5の仕様策定が進められていて、各WebブラウザもHTML5への対応にしのぎを削っています。

現状のWebの仕組みでは、Webブラウザ側にデータを保存する機能として「Cookie」があります。しかし、Cookieは扱える容量が小さく、Webアプリケーションのデータを保存するには不十分です。そのため、現状のWebアプリケーションでは、大きなデータはサーバーに保存するようになっています。

しかし、Webブラウザ側でデータを保存することができれば、これまで以上に便利なWebアプリケーションを作ることができるようになります。そこで、HTML5では、Webブラウザ側で大きなデータを保存できるような仕組みが搭載される予定です。

最終的に仕様が決まるまでにはまだ紆余曲折がありそうですが、現状では「Web Storage」「Web SQL Database」「Indexed Database API」という3つの規格が提唱されています。

本連載の後半では、これらのWebブラウザ上で動作するデータベースについて取り上げる予定です。

【参考文献】
藤本 壱『これだけは知っておきたい データベースの常識』技術評論社(発行年:2009)
1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています