PR

SAPリソース設定に向けてのポイント

2010年12月13日(月)
菅野 博貴

構築作業の流れ

HA(高可用性)クラスタ・ソフトのLifeKeeper for Linuxを使えば、安定稼働が要求される基幹システムを安価に構築できます。本連載では、SAP NetWeaverとOracle Databaseを用いた基幹システムを、LinuxとLifeKeeperで構築します。第2回の今回は、具体的な環境構築作業の流れとノウハウ、ポイントを解説します。

以下に示すテーブル1では、おおまかな作業項目について、クラスタを構成する2台のサーバーごとに表しています。なお、ハードウエアにおけるファームウエア/BIOSレベルのセットアップや外部ストレージのセットアップ(ゾーニング設定、RAID構成の定義など)は、事前に完了しているという前提です。

【テーブル1】: 作業項目一覧

作業項目 サーバーA サーバーB
1. OSインストールと設定
1. RHEL5 Update5のインストール
2. OS事前設定
3. RDACドライバ(外部ディスク・マルチパス接続用)のインストール
4. 必要ファイル・システムの作成
2. LifeKeeper for Linux v7インストールと設定(ベース)
1. LifeKeeperのインストール
2. LifeKeeperの各リソース設定(1) [IP]
3. LifeKeeperの各リソース設定(2) [NFS、Filesystem] ○いずれか片方
3. NetWeaver7.0 EHP1 SR1インストール
1. インストール用メディアのサーバー上へのコピー ○共有ディスク上にコピーすれば、いずれか片方
2. SAP Cryptographic Libraryのダウンロード  
3. NetWeaver7.0 EHP1(ASCSインスタンス)のインストール  
4. NetWeaver 7.0 EHP1(DBインスタンス)のインストール(1)  
5. Oracle 10.2のインストール*1
6. NetWeaver 7.0 EHP1(DBインスタンス)のインストール(2)  
7. NetWeaver 7.0 EHP1(Centralインスタンス)のインストール  
8. システム・コピーによるNetWeaver 7.0 EHP1の再インストール △(前処理のみ)
9. NetWeaver 7.0 EHP1(Dialogインスタンス)のインストール  
4. Oracle 11gへのアップグレード*1
1. 事前準備
2. Oracle 11.2ソフトウエア・インストール
3. Oracle 11.2データベース・アップグレード  
4. アップグレード後処理  
5. SAP Enqueue Replication Serverのインストール
1. 各インスタンス・プロファイルの編集 ○いずれか片方
2. Enqueue Replication Server用ディレクトリ作成
3. Enqueue Replication Server用実行ファイル・コピー
4. Enqueue Replication Server用プロファイル作成
6. LifeKeeper for Linux v7設定(アプリケーション)
1. LifeKeeperの各リソース設定(3) [Oracle、SAP] ○いずれか片方
7. 後処理
1. SAPライセンスのインストール
2. その他(詳細は独SAP提供のガイドを参照) ○いずれか片方

  • [*1] 当検証実施時点で、SAPシステムにおいてOracle 11gを利用する場合は、Oracle 10.2を経由する必要があったため、初めにOracle 10.2で導入し、後からOracle 11.2へアップグレードしている。

次ページ以降では、これらの作業項目に合わせてSAPシステムを導入・設定する上でのポイントを解説します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

2001年、日本アイ・ビー・エムに入社。入社当初よりSAP社製品関連テクニカルサポートに従事し、日々東奔西走中。グローバルISVソリューションズ所属。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています