PR

CMS構築手法詳細

2011年3月31日(木)
生田 昌弘

CMSツールについて

前回までの記事で、CMSツールの導入前のやらなければならないことを明確にしてきました。端的に言うなら、ユーザーの問題を解決する手法として、CMSツールが存在し、ツールの前にテンプレート・コンポーネント化が必要であると説明してきました。

今回は、上記ができていると仮定して、どのようにCMSを導入していけばよいか、説明していきます。

まず、CMSツールと言われる製品の中にCMSではないものが多く含まれていることに注意しなければなりません。

テンプレート・コンポーネント化ができているとすれば、共通項目は洗い出せているはずです。

このためには、1箇所の入力や、指定で複数箇所の更新が可能にならなければ、必要要件が満たせないことになります。

ツール選択において、最初の選択は「一対一の更新で問題がない」あるいは「一対多の更新が必要」となります。

この選択は、導入ツールのコストに相当インパクトがあります。共通項目が存在しない、もしくは存在しても数カ所であり、個別に入力してもたいした手間ではない、そんな場合は、一対一の更新ツールをお勧めします。一対一でよければ、これはCMSツールではなく更新ツールだと言えます。更新ツールなら選択肢が劇的に増え、価格もリーズナブルになるはずです。

次の選択は、動的か静的か?です。

これは、成しえたいことの中に、ユーザーのマイページ等、アクセスごとに、もしくはユーザーのアクションごとに動的にコンテンツを変更したい場合に検討するのですが、このような要望がない場合は、静的なページ生成になります。

どちらがいいと言うよりも、静的なページを生成するCMSツールは、動的生成ができないか、あまり得意ではありません。また逆に、動的生成が得意なCMSツールは、静的なページ配信ができないか、もしくは不得手です。静的ページが得意なCMSツールも、レコメンドやマイページができないわけではありません。最初からレコメンドする商品やサービスを確定させておけば、問題無く実現可能です。

この選択は、経験値の高い制作会社に相談して、自社のやりたいことがどちらに向くのかを尋ねてみるのがよいと思います。もちろん、これまで述べてきたとおり、「何を成しえたいか」が明確でなければ、どんな優秀な制作会社でも、この質問に答えを出すことはできません。ツール選択は、あなたのやりたいこと、成しえたいことが明確なら、あとはコストが合うものを選ぶだけ、ということになります。

次の選択は、承認フローです。

CMSツールによって、できることが大きく違うパートの一つと言えます。これを選択するためには、自社の承認フローを策定する必要があります。策定した承認フローが、可能なCMSツールを選択すると言うことになります。全てではないですが、承認フローの自由度は、CMSツールの価格にそのまま現れていると考えられます。

また承認フローの自由度だけではなく、承認方法も十分に確認してください。自社内で、承認するメンバーのリテラシーが、そのCMSツールの承認方法で問題が生じないかどうか?カスタマイズしない状態で、単に管理ページのURLがメールで送られてくるだけで、承認者が理解し、承認できるか?これは、それぞれの企業で、全く違った選択になると思います。

一対多の更新の場合、更新される全てのページのURLまで明記してくれるCMSツールは、それほどありません。これ以外にも、選択しなければいけない機能はたくさんあります。

以下に代表的なツールの機能表を掲載しておきます。○が多いツールを選択するのではなく、やりたいことをやりたいように実現するツールを選択する。これが最善のCMSツールの選択と言えます。

図1:代表的なCMSツールの機能リスト(クリックで拡大)
成し得たいこと、やりたいことがどのように実現されるか?それがツール選択のポイント。
株式会社キノトロープ

1993年12月にキノトロープを設立。一貫した方針で数々のWebソリューションを築き上げる。現在もネットエバンジェリストとして布教活動を行い、積極的に講演も努める。
著書に「Webブランディング成功の法則55」(翔泳社)、「CMS構築成功の法則」(技術評論者)、「Webサイト運用成功の法則」(ソフトバンククリエイティブ)等。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています