PR

vCenter Lab Managerのメリット

2011年9月6日(火)
福留 真二

Lab Managerの機能(4)―IPプール

IPプールは事前にIPアドレスのプールを定義しておき、ユーザーが作成する仮想マシンに自動的に定義されたプール内からIPアドレスを割り当てる機能です。これにより、管理者はExcelなどでIPアドレスの管理台帳などで管理する負担などから解放されます。同様のことはDHCPサーバでも可能ですが、DHCPサーバをわざわざ構築しなくとも、IPプールにより、IPアドレスの自動割り当てが可能になります。また、先述のネットワークフェンシングを使用する場合はDHCPサーバを利用できないため、IPプールを使用する必要があります。

Lab Managerの機能(5)―リース期間の設定

ユーザーに自由に仮想マシンをデプロイする権限を与えることはユーザーの観点からは好ましいといえますが、管理者の観点からはあまり好ましくありません。なぜなら、ユーザーが、不要になった仮想マシンを適切に削除してくれるとは限りませんし、不要な仮想マシンを作成してしまう可能性も否定できません。その結果、仮想マシンの乱立につながる可能性があります。それを防ぐために、Lab Managerではリース期間の設定を行えます。定義されたリース期間に達した仮想マシンは自動的に停止します。また、一定期間使用されていない仮想マシンの実体のファイルを削除するといったことも可能です。上記のように、通常は管理者が手動で確認しながら管理を行わなければならない仮想マシンのライフサイクルも、Lab Managerを使用すれば自動で管理が可能になり、結果、管理者の負担を減らすことができます。

Lab Managerの機能(6)―ライブラリ

ライブラリとは、仮想マシンを保存しておく領域です。ユーザーは通常はワークスペースで仮想マシンを使用します。なお、ワークスペースとは、[組織]内でユーザーが操作するスペースを意味します。

例えば、開発者がある仮想マシンで開発していてバグなどを発見した場合に、その状態を保存しておきたいケースがあります。そのような場合には、ライブラリに保存しておき、後からその状態の仮想マシンを簡単にデプロイすることが可能になります。また、ライブラリに保存している状態の仮想マシンは他のユーザーと共有することもできるので、複数のユーザーでバグ情報を共有することが容易になります。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています