PR

Lab Managerの監視

2011年11月9日(水)

前回は、Lab Managerの持つ運用に関する機能を紹介しました。最終回となる今回は、運用開始後に管理者が確認すべき項目について説明します。

システムの監視

Lab Managerの運用を開始したら、Lab Managerが正常に稼働しているかどうかを確認する必要があります。そこで以下では、Lab Managerのログの確認方法を紹介します。

[1-1]左ペインで[Activity Log]をクリックします。Lab Manager で実行されたタスクの一覧が表示されます。エラーが出ている場合は原因の調査を行います。

[1-2]左ペインで[Resource Usage]をクリックし、[Resource Pools]タブをクリックします。このあとLab Managerに割り当てられたリソースプールの各リソース使用率の一覧が表示されます。

[1-3]左ペインで[Resource Usage]をクリックし、[Organizations and Workspaces]タブをクリックします。Lab Manager上のワークスペースでは、それぞれどの程度のリソースを使用しているかを確認できます。リソースの使用状況は、各ロケーションのグループごとに表示されます。

[1-4]左ペインで[Deployed Machies]をクリックします。現在、仮想マシンをデプロイしているコンフィグレーションの内容が表示されます。

Lab Managerでは、以上のように「エラーログ」「リソースの使用」「コンフィグレーション」の内容を確認することができます。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Lab Managerの監視 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。