PR

Lab Managerの使用[テンプレートの作成から仮想マシンの展開まで]

2011年9月27日(火)
福留 真二

前回は、Lab Managerのインストールや初期設定を説明しました。今回は、Lab Managerの基本的な使用方法として、仮想マシンをデプロイ(展開)する方法を紹介します。

仮想マシンテンプレートの作成と公開

ここではLab Managerを使用するために、最も基本となる仮想マシンテンプレートを説明します。

仮想マシンテンプレートとは、仮想マシンを複製するときに、複製元として使用される仮想マシンのマスターイメージのことです。管理者は、ユーザーに使用させたい仮想マシンのイメージをあらかじめ仮想マシンテンプレートとして作成し、それを公開しておく必要があります。ユーザーは公開されている仮想マシンテンプレートから仮想マシンを展開して利用します。vCenterで作成するテンプレートとは異なり、Lab Managerで作成したテンプレートは、仮想マシンとして実際にパワーオンできます。vCenterのテンプレートと混同しないように注意しましょう。

図1-0:仮想マシンテンプレートの作成(クリックで拡大)

以下、仮想マシンテンプレートの作成手順を紹介します。

[1-1]左ペインで[VM Template]をクリックしたあと、[New VM Template]をクリックします。

図1-1:[New VM Template]をクリック(クリックで拡大)

[1-2]仮想マシンテンプレートのスペックを入力し、[OK]をクリックします。設定項目は通常、vSphere Clientで仮想マシンを作成するときに入力する項目とほぼ同一です。

図1-2:仮想マシンテンプレートのスペックを入力(クリックで拡大)

[1-3]仮想マシンテンプレートが登録されたことを確認します。

図1-3:仮想マシンテンプレートの登録を確認(クリックで拡大)

[1-4]作成したテンプレートの名前にカーソルを合わせ、[Deploy with default]をクリックします。

図1-4:[Deploy with default]をクリック(クリックで拡大)

[1-5]黒色の[Console]画面上に[Busy]と表示されている間、待機します。

図1-5:[Busy]が表示されているときは待機(クリックで拡大)

[1-6]デプロイした仮想マシンテンプレート名にカーソルを合わせ、[View Console]をクリックします。

図1-6:[View Console]をクリック(クリックで拡大)

[1-7]Active Xをインストールすることを求められたら、[Active Xコントロールのインストール]をクリックし、Active Xをインストールします。

[1-8]Active Xのインストールが完了したあと、[View Console]を選択すると、仮想マシンのコンソールが表示されます。

図1-8-1:[View Console]を選択(クリックで拡大)

図1-8-2:仮想マシンのコンソール(クリックで拡大)

Active Xのインストールが完了しても、仮想マシンのコンソールが表示されない(黒いスクリーンの状態が続く)場合は、下記URLの内容に該当するかどうか確認してください。

『VMware vCenter Lab Manager 4.0.2 Web Console is Blank if the vSphere Client is Installed on the Same Machine』
http://kb.vmware.com/kb/1020474

ここに掲載されている大まかな内容は、ブラウザを実行しているマシン上にvSphere Clientがすでにインストールされている場合に、仮想マシンのコンソールを表示できない場合があるというものです。

[1-9]テンプレート名にカーソルを合わせ、[Insert CD]をクリックします。

図1-9:[Insert CD]をクリック(クリックで拡大)

[1-10]設定済みのメディアライブラリから適切なISOファイルを選択し、[OK]をクリックします。メディアライブラリとして登録しているデータストア上のディレクトリには、事前にISOファイルを保存しておく必要があります。

図1-10:ISOファイルを選択(クリックで拡大)

[1-11]テンプレート名にカーソルを合わせ、[Ctrl-Alt-Delete]をクリックして再起動します。

図1-11:[Ctrl-Alt-Delete]をクリックして再起動(クリックで拡大)

[1-12]OSのインストールを開始します。OSのインストーラーが起動したら、適切な設定でOSをインストールしてください。

図1-12:OSをインストール(クリックで拡大)

[1-13]OSのインストールが完了したらOSにログインし、テンプレート名にカーソルを合わせ、[Install VMware Tools]をクリックします。

図1-13:[Install VMware Tools]をクリック(クリックで拡大)

[1-14]VMware Toolsのインストールウィザードが起動するので、VMware Toolsをインストールします。

[1-15]VMware Toolsのインストールが完了したら、再起動を促す画面が表示されます。[はい]をクリックして再起動してください。

[1-16]再起動後、仮想マシンテンプレートに必要な設定を行ってください。例えば、アプリケーションのインストールなどが挙げられます。設定完了後、OSをシャットダウンします。

[1-17]OSのシャットダウン後、Lab Managerの左ペインで[VM Template]をクリックし、テンプレート名にカーソルを合わせ、[Undeploy]をクリックします。

図1-17:[Undeploy]をクリック(クリックで拡大)

[1-18]コンソール画面上に[Busy]と表示されている間は待機し、アンデプロイの完了を待ちます。

図1-18:[Busy]が表示されている間は待機(クリックで拡大)

以上で仮想マシンテンプレートの作成は完了です。仮想マシンテンプレートとして利用させたいOSをインストールし、必要な台数分の仮想マシンテンプレートを準備してください。

続いて、仮想マシンテンプレートの公開について記載します。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています