PR

vCenter Lab Managerの導入

2011年9月20日(火)
福留 真二

ESX(i)ホストの確認

本書では、初期設定時にすべてのESX(i)をLab Managerの管理下に置くように設定しました。ESX(i)が正しく登録されているかどうかは、以下の手順で確認できます。ここでは、Lab Managerの管理下に置くESXを追加登録する手順を紹介します。初期設定時にすべてのESXをLab Managerの管理下に置く設定をしている場合は、この手順は省略してください。

[3-1]左ペインで[Resources]をクリックし、[Hosts]タブをクリックします。

図3-1:[Hosts]タブをクリック(クリックで拡大)

使用するすべての ESX(i)が登録されているかどうかを確認します。すべてのESX(i)が登録されていない場合は、先述のリソースプールの設定の手順でESX(i)を選択し追加登録する必要があります。通常、初期設定時にリソースプールとしてクラスタを選択した場合は、クラスタ配下のすべてのESX(i)を登録できます。クラスタを構成していない場合は、初期設定時には1台のESX(i)しか登録できないため、追加で登録作業を行う必要があります。

本書の構成ではクラスタを構成しているため該当しませんが、ESX(i)を追加登録する場合はその手順が発生するので、参考までに以下に手順を記載します。

[3-2]左ペインで[Resources]をクリックし、[Resource Pools]タブで[Attach Resource Pool]をクリックします。

[3-3]追加でLab Managerの管理下に置きたいESX(i)を選択し、[OK]をクリックします。

[3-4][Host Preparation Required]メッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。

[3-5][Prepare Host:Introduction]メッセージが表示されるので、[OK]をクリックします。

[3-6][Prepare Hosts Wizard]でESXの管理者アカウントを入力し、[Next]をクリックします。

[3-7]追加で使用可能にするデータストアがある場合は、該当するデータストアのチェックボックスにチェックを入れ、[Finish]をクリックします。

[3-8][Resource Pools]タブに選択したESX(i)が登録されることを確認します。

[3-9][Hosts]タブをクリックし、進捗を確認します。[Activity]の項目に[Preparing]と表示されている場合は、しばらく待ちます。

[3-10][Ready]の項目に緑色のマークが表示されたら、ホストの追加は完了です。

以上で、ESX(i)を使用する準備は完了です。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています