PR
連載 :
  VMwareの現在

vSphere APIを活用する

2010年6月23日(水)
ヴイエムウェア株式会社

昨今、国内の企業や事業者が運用する仮想環境においても、VMwareが用意しているAPIを外部プログラムから利用して、仮想環境の運用を自動化するケースが増えている。企業におけるIT運用の形態は多様であり、すべての要件が既製の製品だけで満たせるとは限らないからだ。

vSphereやvCenter Product Familyが提供しない機能を使って、従来の運用プロセスやツールとの連携性を高めたり、定型的な作業を自動化したりという必要がある場合、VMwareのAPIを利用して仮想環境の機能を柔軟に拡張できることも、vSphereの大きなメリットと言える。

VMwareが提供するAPIや、APIを利用するためのSDKは、Webサイト「VMware Developer(英語サイト)」にまとめられている(図1)。

図1: VMware Developerトップ・ページ

このWebページの”Developer SDKs&APIs”には様々な種類のAPIやSDKが掲載されている。図2はこれらを整理したものである。

図2: VMwareが提供するAPIおよびSDK(抜粋)

どのAPIやSDKを使えば良いか分かりづらいという指摘を受けることもあるが、図2の中で”vCenter Server操作の自動化”と記載したカテゴリが、もっとも利用頻度の高いSDKである。これらはいずれも、vCenter Serverがデフォルトの構成で提供しているvSphere APIと呼ばれるAPIを利用して自動化を実現している。

著者
ヴイエムウェア株式会社

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンターにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。ヴイエムウェアソリューションは、設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティーの強化を、環境に配慮した運営と共に実現します。http://www.vmware.com/jp/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています